ライブレポ

Especia、満員のO-EASTでメジャーデビューを堂々宣言!

2014年12月16日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アンコールが沸き起こると、客席で5色のサイリウムが一斉に光る。ペシスト有志からのサプライズだ。ステージに再登場したメンバーも「Especiaにサイリウムがあるなんて!!」と大喜び。そしてこの場で、2015年2月18日にVERSIONMUSICからミニアルバム『Primera』でメジャーデビューすることが発表された。「Primeraは、スペイン語で第一の・最高級の・という意味です」と三ノ宮からタイトルに込めた想いも伝えられた。

Especia『Primera [初回限定盤] 』

 ここで本公演でもコーラス参加しているRillsoulが手がけた『West Philly』、そして若旦那プロデュースのリードトラック『We are Especia ~泣きながらダンシング~』が初披露された。冨永からの「私たちは、Especia界隈のみなさんを信じています。Especiaのファン、ペシストさん達を信じています。メンバーを信じています。そして自分を、信じてみます」という熱い手紙を読み上げる演出から始まるこの楽曲はメジャーデビューにたどり着くまでの彼女達の戸惑い、そしてこれからを受け入れる決意を歌った宣誓ソングだ。10分に渡る曲中にはメンバーコールが盛り込まれるなど、今までのEspeciaからすると新鮮な内容。

 ダブルアンコールでは各メンバーからメッセージが伝えられた。腰を痛めながらもツアーを完走した森、そして脇田からはメンバーが一生懸命に意見交換をする上で喧嘩があったことも暴露。リーダーである冨永も「人生の中でこんなに夢中になったEspeciaを知ってもらえるように、頑張って行きたいと思います!」と真っすぐに会場を見つめながら語った。

 『ナイトフライ』のイントロが響くと、ナンブヒトシが登場。「この人数で呟いたら、(twitterの)HOTワード、行けるんじゃないの!? オレのラップなんかいいから、ガンガンフリックしてくれよ!!」と曲中に煽ると、会場のファンが一斉に携帯を弄り出す。素直なペシスト達の様子が微笑ましい。

 メジャーデビューに向けてのトピック作りをしようと、会場の応援体制はバッチリ。最後は『Good times』でフロアを駆け抜け、明るい笑顔のまま締めくくった。メジャーフィールドに繰り出したEspeciaのこれからが、楽しみだ。


“Mucho GUSTO Especia” 2014 Tour -Viva Final-セットリスト
1.Intro
2.BayBlues
3.FOOLISH
4.アバンチュールは銀色に(GUSTO Ver)
5.Mount Up
6.BEHIND YOU
7.嘘つきなアネラ
8.Intermission
9.No1 Sweeper(Mucho GUSTO)
10.L'elisir d7amore
11.海辺のサティ(Band remix)
12.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
13.くるかな
14.アビス
15.YA・ME・TE!
16.Outro

アンコール
17.West Philly
18.We are Especia ~泣きながらダンシング~
19.きらめきシーサイド

ダブルアンコール
20.ナイトフライ
21.GOOD TIMES
 
achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加