ライブレポ

Negicco「Perfumeが待つNHKホール」へ!

2015年01月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kaedeも「売れたい!」と野望を口にした

 3組のライブが終了すると、Negiccoのステージへ。『フェスティバルで会いましょう』で軽快にスタートすると、『二人の遊戯』を初披露。80sテイストの楽曲に合わせて、ミラーボールが回転する。『アイドルばかり聴かないで』『ライフ・イズ・キャンディ・トラベル』の定番曲で会場はひとつに。
 
 MCではNao☆が「会場のみなさん、あったかいんだから~」と、最新ギャグでスベり芸をマイペースに披露。Meguはネギフェス開催についての感謝の気持ちと、緊張のあまりトマトジュースしか口に出来なかったことを告白すると、Kaedeが「ご飯、ちゃんと食べて~!」とお母さんのように諭す。
 
 バランスが絶妙なMCに会場が癒された後は、不思議な歌詞とメロディにコミカルな振り付けが癖になる『自由に』、『BLUE, GREEN, RED AND GONE』というアルバムの中でも異彩を放っている2曲を続けて披露し、『トリプル! WONDERLAND』でリキッドルーム2DAYS、初日の本編を締めくくった。
 
 その後のアンコールを受けて再びステージに登場した3人は、デビュー間もない2004年にNHK総合『ポップジャム』に出演し『恋するねぎっ娘』を披露したことを振り返る。Nao☆が「売れたー! と思ったら、全然売れなかった。全く」と呟くと、会場のファンも爆笑。これにMeguから「その後から、ズドン! 4~5年くらい何も無かった状態が続くのですが……Negicco 、なんとPerfumeさん司会の『MUSIC JAPAN』に出演します!」と重大発表がなされた。10年振りにNHKホールに立てるということで会場のファンは万歳三唱が巻き起こる。
 
 2月2日にNHKホールで収録されるとのことだが、観覧応募は既に終了している。ファンががっかりしていると、Kaedeが「たまたま当たったよって方がいるかもしれない。いらっしゃいますか?」と会場に問いかける。しばらくして、なんと1名の男性から手が上がると、「彼に(みんなの気持ちを)託しましょう! よろしくお願いします!」と、メンバーと会場のファンが一斉に男性に向け、お辞儀をした。
 
 Meguも「何と言っても、Perfumeさんにまた会えるという……リキッドルームが起こした奇跡です!」と喜びを噛み締めた。かつてローカルアイドルファンの間では“西のPerfume、東のNegicco”と言われた時代もあり、ブレイク前のPerfumeがMCでNegiccoの名前を口に出すことも多かった。しばらくその関係が続いていたが、2007年に『ポリリズム』がACのキャンペーンソングに大抜擢。同年、Perfumeはリキッドルームでワンマンライブを実施した後、一気にスターダムにのし上がっていったのだ。
 
 1月25日、同会場で開催されるNegiccoワンマンライブのチケットはソールドアウト。2015年、リキッドルームからNegiccoの奇跡がはじまるに違いない。

リーダNao☆は「会場のみなさん、あったかいんだから~」とスベり芸を披露

Negicco セットリスト
1.フェスティバルで会いましょう
2.二人の遊戯
3.アイドルばかり聴かないで
4.ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
5.自由に
6.BLUE, GREEN, RED AND GONE
7.トリプル! WONDERLAND 
アンコール
8.ときめきのヘッドライナー
9.光のシュプール



 

 

achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco