インタビュー

さわやか五郎がブーイング覚悟で語るハロプロメンバーのすごさ

2015年02月07日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木莉佳子……ささき・りかこ。2001年5月28日生まれ、宮城県出身。アンジュルム所属。ニックネームは「りかこ」。

――ベスト3に突入します。

五郎 3位はアンジュルムに加入した佐々木莉佳子さんの「ピュアさ」です。ハロプロ研修生は一緒に番組もやっていたので馴染みがあるんですけど、その中でも佐々木さんは加入当時から元気があって面白くて目立つ存在でした。研修生加入直後、イベントで一緒になったんです。佐々木さんはステージに立つのも初めてぐらいだったんですけど、僕がボケたら冷静に「それ違いますよ」って言ってきたんです。当時はまだ小学生だったんですけど、ボケという概念を知らなかったんです。それで僕がステージ上で間違ったと思って冷静に軌道修正してきたんです。本当にピュアな小学生でしたね。

――佐々木さんの前に前に出る姿勢は研修生の中でもトップクラスでしたよね。

五郎 スマイレージのバックダンサーを務めた時もものすごい勢いで踊って目立っていましたからね。そしたら案の定、3期メンバーに選ばれて、2015年の有望株です。他にも室田瑞希さん、相川茉穂さんとハロプロ研修生から選ばれて、2期メンバーも負けてられないって思うだろうし、良い相乗効果が生まれそうですね。来年は本気でアンジュルム紅白あるんじゃないかと思っています。2015年、個人的に期待している1位はアンジュルムですね。2位はBerryz工房。

――3月3日で無期限活動停止になりますけどね(笑)。

五郎 大どんでん返しで4月から「もう一回やらせてください」って大ボケを期待しているんです。

Berryz工房の全シングルを完全収録したベストアルバム『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』が絶賛発売中!

――ちなみにBerryz工房とお仕事で一緒になったことはあるんですか。

五郎 ほとんどないですね。夏焼雅さんとは何度かお仕事したことありますけど、他のメンバーは僕のことを知らないんじゃないですか。特に熊井さんなんて目線に僕が入ってないはずですよ。

――なるほど(笑)。話は逸れますが、さわやか五郎さんはハロプロ研修生の「春の公開実力診断テスト」で司会進行を務めていますよね。

五郎 「春の公開実力診断テスト」は2013年から始まったんですけど、あれによって彼女たちに闘争心が芽生えたと思うんです。それまでは何となく頑張っていればいいって気持ちだったのが、分かりやすく結果が出るからライバル意識が生まれた。それによってパフォーマンスのレベルも相当上がりましたね。その中で結果を残した子はモーニング娘。'15やアンジュルムに選ばれていますからね。

――後にグループに入る子は研修生時代から目立っていますか?

五郎 と思いますよ。僕はモーニング娘。の10期オーディションの時、大喜利審査の司会をやらせてもらったんです。その時もこの4人目立ってるなっていう4人が受かりましたから。

――合格を当てちゃうなんて、すごいじゃないですか!

五郎 いや、それは僕がすごいっていうわけじゃなく、その4人がすごかったんだと思います。もちろん僕はダンスとか歌とかまったく見てなかったですけど、光る物があるというか、教えられなくても自分の目立ち方を知っているというか。

――具体的にいうと、4人はどう目立っていました?

五郎 まず大喜利っていってもオーディションの審査なので、ものすごく重い空気の中行われるんです。偉い人たちも見てますし、とてもじゃないけど笑える雰囲気じゃない。そんな空気の中、石田(亜佑美)さんと飯窪(春菜)さんはとにかく一切引かずにガンガン答えてくるんですよ。それも「ピザに何が入っていたら嫌?」っていう質問に「ネジ!」とかって答えですよ(笑)。そりゃ誰も笑わないですよ。こっちは「入ってたらやだよねぇ」って相づち打つしかないですよね(笑)。

――鉄のハートの持ち主ですね。

五郎 工藤(遥)さんは元々エッグ時代に絡んだことがあったんですけど、オーディション中にさっと横に寄ってきて「五郎さん、今回こうなってますよ」ってこれまでの合宿や審査で何があったかを説明してくるんです。当時、小6とかですよ。

――そんな人慣れしている小6いないですよね(笑)。佐藤(優樹)さんは?

五郎 佐藤さんはすごかった。大喜利審査で最後まで一言もしゃべりませんでしたからね。一回も手を挙げないんですよ。それで僕もこの子面白いなと思って何度か振ったんですよ。「そろそろ答えてみようか?」って。それでも首振るだけで答えない。逆にインパクトありますよね。「え? この子受かりたいんだよね?」って。それで合格が発表された後に聞いてみたんです。「なんで答えなかったの?」って。そうしたら「大喜利っていうものが最後まで分からなかった」って言うんです。「なんでみんな問題に違うこと言ってわーわーやってるのかな?」「この人たち変わったことやってるなぁ」ってちょっと引いていたらしいんです(笑)。

――すごいですね(笑)。

五郎 もちろん事前に説明はしたんですよ。大喜利ってこういうもんですよって。でも、それが分からなかったみたいなんです。その時から異色な印象はありましたね。

――なるほど(笑)。


次ページ/1位は道重さゆみの心遣い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加