インタビュー

顔面偏差値75のイケメンがリスペクトする乃木坂46 工藤大輝(Da-iCE)

2015年03月31日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
――実際に乃木坂の握手会に行ったことはあるんですか。

大輝 それがないんですよ。チケットはあっても、なかなかスケジュールが合わなくて……。時間さえ合えば必ず行きます!

――工藤さん自身、握手会をやってみてどうですか。

大輝 楽しくやっています。いらっしゃる方の性格や職業とか、どういう会話をするのかなとか興味深いんですよ。なかなか普段は知らない人に、そういうことを訊けないじゃないですか。それにアイドルに限らず、今の時代、CDを買ってもらうために握手会ぐらいやるのは当然だろうなと思います。

――握手会は男性ファンも来るんですか。

大輝 ありがたいことに、けっこう来てくれますね。特に大学生が多いんですけど、大きく2パターンに分かれるんです。一つがファッションやパフォーマンスがカッコ良いって言ってくださる男性ファン。もう一つが乃木坂さん好きでDa-iCEのことも好きな男性ファン。

――乃木坂効果が握手会にも!

大輝 そうなんですよ。白石麻衣さん推しの子がいたら、「白石麻衣さんの子」でファンの顔を覚えたりして(笑)。

――Da-iCEの他のメンバーに、乃木坂の啓蒙活動は行っているんですか?

大輝 よく楽曲を聴かせるんですけど、アイドルどうこうという先入観なしで聴いて欲しいと。「『君の名は希望』とか、めっちゃ良い曲だから、一旦フィルターを外してみぃ?」みたいな感じで勧めて。実際に「すごく良い曲だわ」ってメンバーは柔軟に受け入れています。

――Da-iCEをアイドルとして受け止めている女性ファンも少なくないと思うんですが、工藤さんが乃木坂好きを公言して、抵抗感を示すファンはいないんですか。

大輝 中にはいるかもしれないですね。ただ、僕はTwitterでも普通に乃木坂さんのことを呟くんですけど、それに対して否定的な意見は一切なくて、逆に「私もハマりました」って反応が多いんです。「乃木坂さんのイベントに行ってから、Da-iCEさんの握手会に来ました」ってファンもいて、握手会で写真を見せられて、僕が羨ましがるパターンもあるし(笑)。そもそもアイドル好きを隠すのが嫌だったんですよ。あのバンドが好きとか、あのミュージシャンを尊敬しているとか公言するのは普通に受け入れられるのに、未だにアイドル好きって言うことへの偏見はあって。「それはおかしいだろう」って昔から思っていたので、Da-iCE結成当時から言うようにしていて。いきなり乃木坂さんが好きと言い始めた訳ではなく、その積み重ねがあったので、ちゃんとファンにも浸透したんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46