インタビュー

「白魔女学園」が2年ぶりに帰ってきた!でんぱ組.incインタビュー

2015年05月22日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性相手に本格アクション!

——ビデオパスの公式YouTubeの個別インタビューで、皆さん口を揃えて「アクションシーンがパワーアップしている」とおっしゃってましたが。

相沢 前作では1対1のアクションが多かったんですけど、今回は3対1とかあったりして。大人数での立ち回りは多かったですね。

夢眠 男の人相手だと体格が違うから、大変で。「ホントに当てちゃっていいよ」なんて言われたんですけど「いや、当てる以前に届きませんっ」みたいな(笑)。女の子同士とは違う難しさはありましたね。

藤咲 現場で相手の方が練習と違う動きをしてきても、それに合わせなきゃいけないっていう対応力も要求されましたね。小さいころから「仮面ライダー」とか見てて、アクションは好きでしたけど、実際にやるのは初めてで。カメラワークのことも考えて動かないといけないし、勉強になりました。

相沢梨紗

夢眠 現場ではCGは見えないんですけど、それが見えてるように動かないといけなかったりね。

成瀬 ♪ハッピープルプルピープルンっていう呪文のセリフが前作に続いて出てくるんですけど、それを本格アクションの中で言うのが楽しかったですね。アクションは苦手なんですけど、スカッとしました。

最上 ふだんの仕事ではいつも6人一緒なんですけど、この作品では1人ずつ撮ってるシーンも多いので、ほかのメンバーがどんなことをしてるのか、出来上がりが楽しみですね。

藤咲彩音

——皆さんの実名の下の名前がそのまま役名になってますが、実名を呼び合いながらお芝居するのは複雑な気分ではありませんか。

藤咲 前作の時は恐かったですね(笑)。瑛美ちゃんに「彩音~!」とか叫ばれながら、襲われてたので。ホントに泣いちゃったりしました。そのくらい、役に入り込んでましたね。

成瀬 私はそれを見て、やり甲斐を感じてました。ごめんね、いっぱい泣かせて(笑)。

相沢 私の場合は自分の性格とはかけ離れた性格の役だったので、名前だけが同じっていう感じで。相沢梨紗ではなく、菊田梨紗ならこういうことするだろうなって、冷静な気持ちで演じていました。

古川未鈴

  • 1495_ext_08_0.jpg
  • 1495_ext_08_1.jpg
  • 1495_ext_08_2.jpg
  • 1495_ext_08_3.jpg
  • 1495_ext_08_4.jpg
  • 1495_ext_08_5.jpg
  • 1495_ext_08_6.jpg
  • 1495_ext_08_7.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: でんぱ組.inc