ライブレポ

さすらいヲタ記者旅情編 ひめキュンフルーツ缶・ツアーファイナル「松山サロキ・物語の目撃者」

2015年05月23日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 音源で聴いた時はイマイチ(すみません!)だったのに、ライブでは断然盛り上がる曲で印象が180度変わった『リベンジ-虎の巻-」、モッシュが巻き起こることでお馴染み『Seize the days!』、世界で一番可愛いダンスを菊原結里亜が魅せつける『空っぽ、、、アイツ』(振り付けはリーダーの谷尾桜子)、ファンに愛される2曲『フリーノート』『メイプルーフ』という鉄板の流れを経て、再びMCへ。

ひめキュンフルーツ缶『TEAR DROPS』

 MCで何が話されたのかは、よく覚えてないけど、どうせ、河野穂乃花が面白かったんだと思う。「どうせ」というのは、今回のツアーにおいて、河野のMCでの覚醒ぶりが半端なかったからだ。

 ひめキュンが所属するマッドマガジンのアイドルグループのMCは総じてつたない。アイドルだけじゃなく、一曲目でひめキュンがカバーを披露したキミトサインも曲は素晴らしいのに、なんでMCになると、こうもあたふたしてサムいんだろう、と不思議になるほど(それが逆に微笑ましくもある)。ひめキュンも同様だった、はず。それが、気づいたらMCがとんでもなく面白くなっている。といっても、喋りが器用になったわけじゃない。MCが巧い、のではなく、面白い。その面白さの軸にあるのが河野穂乃花だ。

 以前から毒舌と言われることが多かった河野のMCスキルは、ツアーリーダーという名のお弁当手配係を押しつけられ、ついでにMCの回しも任されることになった今回のツアーで花開いた。ツアー序盤の千葉LOOKでは、ただただ観客に不満をぶつけてるだけ……に思えてしまわ……なくもない粗削りさだったのが、ツアーを経るに従い、毒舌のフリーダムさは増していきつつも、それがエンターテインメントとして確固たるものになっていった。某巨大掲示板の、自分への書き込みに物申したり、天気という、どう転んでも面白くならなそうな話題ですら、見事に観客の笑いに昇華。安易に「成長」という言葉をアイドルに対して用いるのは、ファンの欲目かもしれない。でも、ひめキュンは確かに成長している。それが最も分かりやすく表れているのは、河野ではないだろうか。

 ソロ曲『君からの魔法』の、菊原の笑顔と歌声で一息つくと、『飛びかうフール』同様今回のアルバムの激しさを象徴する『クライムクラウン』、ツアーファイナルにおいて定番曲以外では唯一メジャーデビュー前の曲となった『恋の微熱』、前回のツアーの代表曲の一つ『夢見る世界』、今回のアルバムの一曲目を飾る『電撃フラストレーション』で、ファンの昂ぶりはさらなるレベルに。

 ひめキュンのライブは、決まった時に巻き起こるモッシュやサークルモッシュはあっても、激しい曲調にしては、意外と紳士的(?)でハメを外し過ぎない盛り上がりなのが常。しかし、今回のツアー終盤の数箇所。時折、モッシュやリフトがイレギュラーに起きていた。ツアーが進むにしたがって、メンバーも観客も、ついでに河野のMCも、昂りが増していた。その昂りが結果として生んだモッシュやリフトだったように思う。

 バラード『君と描いた未来』からのMCで憔悴したファンが落ち着けたのも束の間。タオルぶんまわし曲『恋が止まらない』で散々煽られた後に、恐らく来るだろう、来てほしい、でも来てほしくない、という矛盾した感情が渦巻き、実際ファンが渦巻く『GAME OVER』に突入。一瞬だけ可愛らしいイントロからすぐ凶悪に変化するこのサークルモッシュ曲で、ファンのほとんどが最後の力を削ぎ取られたのではないだろうか。

 しかし、まだツアーファイナルは終わらない。どの曲間のタイミングでかは忘れてしまったけれど、メンバーの一人(おそらく奥村真友里?)が発した言葉「あと◯時間はできるよね!」。「できねーよ!」と僕は心の中で即座に突っ込んでしまった。とはいえ、それ冗談ではなく、本気で言っていたとしたなら、恐ろしいグループ……だからこそ、やっぱりひめキュンフルーツ缶というグループを信頼できる。

 そして、スタートダッシュをつけるかのように序盤に組み込まれることもあれば、ラストスパートで終盤に組み込まれることもある万能曲『モラトリアム』。『恋止ま』! 『GAME OVER』!! 『モラトリアム』!!! まさに悪魔のようなセットリスト! それでもメンバーは止まらないし、ファンも止まらない、止まれない。『キン肉マン』がピンチに陥った時のみ発動する火事場のクソ力のごとく、尽きかけた力に火を灯し、全力で湧き上がる。

 本編の最後は、『バズワード』でも『You stay dream』でもなく、まさかのジャパハリネットの『絶望の風』。2013年11月のライブで披露して以降、今回のツアーまでおそらく歌われてこなかったレア曲。いかにもクライマックスに相応しいエモーショナルな雰囲気に包まれる『バズワード』や『You stay~』ではなく、タイトルと違い「希望」を爽快に歌い上げる『絶望の風』がラスト曲となることで、まだまだこのライブが続きそうな余韻を残しつつ、一旦メンバーはステージから姿を消した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加