インタビュー

声優とアイドル、どっちも全力! i☆Ris「ドリームパレード」リリース記念インタビュー

2015年07月07日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2ndシーズンのOPらしさは、“成長”の賜物

――(笑)。でも皆さん今まで演じてきたものとは違う、新境地への意欲も旺盛という感じがします。そんな皆さんが出演中の『プリパラ』の新OPテーマでもある9thシングル『ドリームパレード』が7月8日にリリースされます。また非常に耳馴染みのいい曲になっていますが、この曲を最初に聴いたときはどう思われました?

茜屋 最初に連想したのは、『プリパラ』1stシーズンOPテーマの『Make it!』と『ミラクル☆パラダイス』で。歌詞の内容も、その2曲や1stシーズンのストーリーを踏まえたものなんだなってすごく感じさせられるものだったんです。

芹澤 私も「あ! 聴いたことある感じ! ピッタリ!」って思いつつも、「もしかしたらファンの方はちょっと違う感じの曲を聴きたいんじゃないかな?」って不安も少しだけあったんですよ。でもそれは、レコーディングやライブを経て吹き飛んでいきましたね。

山北 逆に、歌詞の部分はただ憧れを追い求めていた今までと違っているんですよ。『プリパラ』が2ndシーズンに入ったこともあって、先輩アイドルとして自信を持ってパレードの先頭に立ってみんなを引っ張っていく、というものになっています。

山北早紀(やまきた・さき)

――それに、歌詞中の憧れもより明確になっている気がします。

久保田 そうなんですよ。しかもそこの部分って、すごく今のi☆Risともリンクしていて。私たち自身も『プリパラ』が始まった頃は夢や目標がすごくおぼろげだったんですが、それがこの1年で「こうなりたい!」ってはっきりしてきたんです。

若井 メンバーの性格的にも、この曲みたいにキラキラした、ポップでキャッチーな曲がi☆Risにはいちばん似合う気がするんですよね。そういう意味でも『ドリームパレード』は本当に私たちにすごくハマる曲だな、と思います。

澁谷 冒頭から「聴いたことはあるけど、何の曲だろう?」って思わせるワクワク感がありますよね。どこかから流れてきたら、つい気になっちゃうような音の使い方がされているので、街中とかで普通に聴こえてきても耳に残るような曲だなって思いました。

――そしてMVも拝見させていただきましたが、今回も非常に難しいパート揃いのダンスですね。

山北 はい。そのなかでも足の動きが本当に難しくて。i☆Risの曲の中で、全員がいちばんステップに苦労した曲なんですよ。

茜屋 やる前は「これ、できるんじゃない?」って思ってたんですけど、実はいちばん苦労した部分があって。

久保田 うん。曲のはじめ、全員が一列になるところが特に難しかったよね。

澁谷 しかも振り入れはイントロから始めたんで、しばらくイントロで進みが止まるっていうね(笑)。

澁谷梓希(しぶや・あずき)

――間奏で足を上げて一直線にするパートやラインダンスも、最初観たときびっくりしました。
 
茜屋 それも本当にみんなで心をひとつにしないとできないんですよ。ほかにも観ていただければわかると思うんですが、挑戦的な振付も多くて。それもまたひとつ、自分たちの成長に繋がったと思います。
 
澁谷 だからね、ライブでの初披露のときのファンの方々の表情が、ね。
 
若井 ファンの方が振りコピをしてくれてるんですけど、足上げた瞬間「無理!」みたいな雰囲気になってました(笑)。
 
山北 あと、それとは逆に一見簡単そうだけど大変なのがサビのラストのところです。ひとりでもグラつくとすぐ目立っちゃうので、頑張ってキープしてたり。そういう「見た目は簡単そうだけど実は難しい」っていう部分も、なんだか先輩アイドルっぽいですよね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加