ライブレポ

Negicco 夏の野音で田島貴男と1・2・サンシャイン! ライブレポート後編

2015年08月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リーダー、Nao☆は「今年の7月で結成して丸12年を迎えたんですけど、本当に結成当初、客席は葱農家だけ(会場爆笑)。野音や、新潟県民会館、そして赤坂ブリッツ……自分たちが立ちたいと思っていたステージに3人で立つことが出来て、本当に良かったと思います。頑張ってきて、素敵な出会いがあって、ここまで来られたので、みなさん本当にありがとうございます。野音という夢の、いや、夢にも思わなかったような大きなステージに立つことが出来て、この景色を見られていることが、夢か現実かわからないくらい嬉しいです。こうやって頑張っていれば、自分たちが思っている以上の景色が見られるんだなってことをひしひしと感じています。毎日、Negiccoは幸せです。ここで、Negicco決意表明をしたいと思います。Negiccoは、今日野音のステージに立ちました。来年は、武道館に立ちたいと思います! 立ちたいと、思います! 口に出していれば、夢は現実になるんだと、自分たちも気づかされたので、今日からまた、新しいスタートだと思って頑張ります。みなさん、応援よろしくお願いします」と、野音が通過点であることをアピール。

 更なる大きな夢・武道館単独公演に向けての決意を新たにし、深々と頭を下げた。

 どこにでもいそうな、普通の女の子の恋の物語を歌い続けてきたNegicco。いつの間にか、その3人の歩む姿がドラマになっていた。終演後、Meguのinstagramには「今回、これからのステップに向けてイヤモニを作ってもらいました!」という投稿があった。今後、ホールやそれ以上のキャパで勝負を重ねていくということだろう。9月22日には『Perfume FES!! 2015 ~三人祭~』で夢の武道館に立つことが決定している。この先も我々に、大きな夢を見せてくれそうだ。

セットリスト

1.トリプル! WONDERLAND
2.ネガティヴ・ガールズ!
3.裸足のRainbow
4.1000%の片想い
5.ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
6.トキメクMERMAID
7.パーティーについて。
8.Summer Breeze
9.ルートセヴンの記憶
10.クリームソーダLove
11.おやすみ
12.二人の遊戯
13.BLUE,GREEN,RED AND GONE
14.自由に
15.光のシュプール
16.圧倒的なスタイル
17.さよならMusic
18.ときめきのヘッドライナー
19.Negiccoから君へ
20.サンシャイン日本海
21.ねぇバーディア
22.トキメキ★マイドリーム

 
achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco