ライブレポ

アプガ、悲願の武道館公演が電撃決定! 「私たちなりのスタイルで成功させる!!」

2016年04月24日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武道館を満員にできるか、彼女たちの挑戦は始まったばかりだ

以下は終演後のメンバー・コメント。
 
 
 
「率直にうれしいという気持ちと同時に、11月まで早いなっていう驚きもあります。11月までの半年が勝負だと思う。半年でどれだけアプガの魅力をアップアップさせ、アプガのファンをアップアップさせていくか……。半年間、必死に生き続けたいと思います!」(仙石みなみ)

いつもは笑顔の仙石みなみもこの日は涙

「今までは想像の中でしかタマネギ……日本武道館が想像できなかったんですけど、ここからは現実の話になってきます。なので、自分たちの発する言葉にも責任を持っていきたいです。武道館は今日の会場の20倍の大きさなので、自分に責任を持って頑張りたいと思います」(関根梓)
 
 
 
「まだちょっと何が起こっているのか、よくわからないです。“本当に大丈夫?”っていう気持ち。“取り消しとかされないの?”って(笑)。でも私たちのやる気とかパワー、それにファンの方の力があれば大丈夫だと思う。今、すごくアプガに自信があるんです。ライブも楽しめているし、グループの状態もすごくよくて。この勢いのまま、武道館に繋げたいと思います」(佐保明梨)
 
 
 
「アプガが武道館に立てるっていうことが、いまだに信じられません。ハロプロの落ちこぼれと呼ばれてきた私たちなので……。でも、これでやっといろんな人に恩返しできるのかな。まずは家族に武道館が決まったと報告したいですね」(森咲樹)
 
 
 
「私たちがステージ上で見せた涙とか表情は、不安な気持ちの表れです。でも、こんな私たちだからこそ伝えられるメッセージがあると思うんです。私たちが武道館を成功させることで、たくさんの人たちの背中を押すことができたらと思います」(古川)
 
 
 
「とりあえず親にはすぐ報告しました(笑)。結成から5年かかってここまで来ましたけど、武道館ではこれまでの集大成を見せたいです。不安な気持ちもありますけど、泣いても笑っても1回しかないので、とりあえず全力で楽しみたいです」(新井愛瞳)

武道館に向けて気を引き締めていた最年少、新井愛瞳

 なお、「11月まで、どのようにグループの魅力をアピールしていくのか?」と問われた仙石は、「この7人の日々の生活からしっかりしなきゃ……」と的外れなコメント。これには思わずメンバーや報道陣からも失笑が漏れる。また、空手パフォーマンスで知られ、“破壊王”の異名も持つ佐保は「氷柱割りを実現させたい!」と腕をさすっていた。

 (取材・文/小野田衛)



■アップアップガールズ(仮):2011年3月、ハロー!プロジェクトの研修期間であるハロプロエッグ(現・ハロプロ研修生)から戦力外通告を受けた7人によって結成。「ハロプロの落ちこぼれ集団」と揶揄されながらも、負けじ魂を前面に打ち出したガッツ溢れるライブ・パフォーマンスで徐々に頭角を現していく。グループはこれまで横浜BLITZ、中野サンプラザ、日比谷公会堂などのワンマン公演を大盛況で終わらせ、次なる目標として武道館公演を挙げていた。
 
 
 
★アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2016 “The Seven LIVE Alien” 
2016年6月18日(土)長野県CLUB JUNKBOX
2016年6月19日(日)群馬県club FLEEZ

★アップアップガールズ(仮)Zeppツアー2016
2016年6月12日(日)北海道 Zepp Sapporo
2016年6月25日(土)大阪府 Zepp Namba
2016年6月26日(日)愛知県 Zepp Nagoya
2016年7月3日(日)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
 
 
 
小野田衛 1974年、神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、現在はフリーの編集・ライターに。『月刊ENTAME』では主にハロプロとプロレスの記事を手がける。著書に『韓流エンタメ日本侵攻戦略』(扶桑社新書)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加