コラム

HKT48の姉貴分・「さっしー」と「らぶたん」という2本の大きな柱

2014年09月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 そこでのHKT48の移籍。それを聞いたとき、心配になった人もいたんじゃないかと思う。年下しかいないHKT48でうまくいくのだろうか、と。ただ、彼女には積み重ねた経験があった。移籍する頃に出演した番組では「たかみなのような存在になりたい」とも話している。その言葉どおり、多田はいつの間にかHKT48のメンバーたちに「ねえさん」と慕われる存在になっていた。頼れる存在として指原とともにHKT48を支え、今ではチームKⅣのキャプテンとなったのだ。
 
 また本人も、2013年の『ハート・エレキ』で『言い訳Maybe』以来の選抜復帰や、福岡のラジオ局で初冠番組を持つようになったりと、HKT48に移籍したことで大きく前進している。
 
〝ヘタレキャラの指原〟と〝妹キャラの多田〟の、AKB48にいるときには想像できなかった今の姿。2人はグループの2本の柱となり、メンバーをしっかりと支えている。それを土台にし、それぞれのメンバーがのびのびと成長しているのも強く感じる。それが、HKT48の勢いにつながっているのだろう。
 
 新曲の発売、そして9月21日からは「HKT48全国ツアー ~全国統一終わっとらんけん~」が始まる。今回は日本だけでなく、台湾と香港での海外公演も決定している。ここでHKT48の大きな成長と、新たな驚きを見られることを期待したい。どんなコンサートになるのか、とても楽しみです!

(c)AKS

東海林その子 メジャーどころを中心に、女子アイドルを追いかけています。女の子が変化する一瞬一瞬を見逃したくないです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48  HKT48