インタビュー

声優とアイドル、どっちも全力! i☆Ris「ドリームパレード」リリース記念インタビュー

2015年07月07日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結成3周年を迎えた今、見据えるもの

――ニュー・シングルもリリースされ、結成3周年を迎えられて、皆さん今後新しい目標も出てきていると思います。最後に、今頭の中にあるもので構わないので、教えていただけますか?

芹澤 私は、この春のツアーで「i☆Risとしてはこういうものになりたいし、i☆Risってこういうもの」という像が固まってきたと感じているんです。だから、ここからの自分の目標としては、声優としての自分がどういうものなのかを明確にして、「このキャラの声は絶対ゆうちゃんに当ててほしい!」って思ってもらえるように、確固たる自分の声質と演技を極めていきたいです。

若井 私はゆうとは対照的で、逆にi☆Risとしても私としても幅を広げたいです。去年から『プリパラ』で私たちのことをたくさん知ってはもらえたんですけど、「それだけじゃなくて、私たちはこんなこともできるんだよ」って言えるような特徴を、i☆Risはたくさん持っていると思うんですね。なので、それをもっともっと知ってほしい。そういう意味で幅を広げたいです。同時に個人としても、もっと演技の幅やいろんなことにチャレンジして、視野を広げたいです。

若井友希(わかい・ゆうき)

茜屋 i☆Risとしては、いろいろなツアーやイベントをやっていったり『プリパラ』を通して、たくさんの方々が好きになってくれている段階だと思うんです。そんな方々を「絶対ずっとついていくよ!」っていう確固たるものにしたいし、“i☆Ris”っていう新しくてほかにないジャンルを、しっかり確立したいですね。個人としては、あくまで私・茜屋日海夏演じるキャラとしての個性をなくさずに、でもお芝居の幅はちゃんと広げたい。なので、いろんなものを見て経験して、もっともっとお芝居を広げていきたいな、と思っています。

久保田 ひみちゃんが言うように、私たちって新しいことをやっていると思うんですね。だからその分、直接目標にできるようなものがないんですよ。でも、私たちが今やっているものを素晴らしくすればするほど、自分たちも成長していくし、もしかしたら私たちを目標にしてくださるような方も出てくるかもしれないし。そういう憧れになれたらいいなって思います。個人としては、声優としてもどんどん活動の幅を広げていきたいですし、今個人としても結構いろんなことをやらせていただいているので、その幅も広げていけたら、と思います。

茜屋日海夏(あかねや・ひみか)

澁谷 i☆Risは「声優もアイドルも両方やってるからすごい」って言われるんですけど、やっぱり片方を単独で見るともっと上には上がいるんですよ。なので、両方しっかりレベルを上げたうえで「i☆Risってやっぱすごいね」って言ってもらえるようにしたいです。個人としては、やっぱり声優としてもっと仕事を増やすっていうのと、音楽でも新しい趣味としてDJの勉強も始めたりしているので、そういった方面でもみんなに澁谷梓希を届けていけたらな、と思います。

山北 ずっちゃんの言うとおりで、私は正直どちらかの分野だけってなったときに、全然まだまだほかの方たちより劣っていると思っているんですね。その両方のスキルを全員がUPさせることがi☆Risの高みにも繋がると思うので、グループとしての目標はそれですかね。個人の目標なんですが、私は元々アイドルが好きで、歌って踊ってるときがすごく楽しいなって感じるんですよ。なのでダンススキルを上げて、歌ももっとうたいたい。歌のレッスンもより気合いを入れて頑張りたいです。あと、トークスキルUP! やっぱりMCが面白いとライブに行きたくなると思うので、「やっぱi☆RisのMCはさきさまだよね!」って言ってもらえるようにトーク力も磨きたいです!


<i☆Ris 9thシングル『ドリームパレード』>
7月8日発売

i☆Ris『ドリームパレード』TYPE-A

i☆Ris『ドリームパレード』TYPE-B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加