インタビュー

声優・上坂すみれが『OVERTURE』に降臨!その独自の世界観を完全掲載!

2015年12月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
——声優さんもライブで歌って踊ってというのはあるじゃないですか。なにがどう違いますか?

上坂 私の場合は、普段のラジオでの素のトークや、芝居など、そっちに重きがあって、時々スペシャル企画で歌ったりするので、観ている人からすると友達が出し物している雰囲気が強いと思うんです。だけど、アイドルの方々は基本的に歌と踊りがあって、時々会えたりするので、それはまさしく触れ得ざる者が時々降臨する、というか。なので声優とは、また違うのではないかなと思います。

——そんな上坂さんが2016年1月6日にアルバム『20世紀の逆襲』を出されるということで。新曲も7曲(内2曲はインスト)入っているみたいですが。

上坂 新曲たくさんありますね。私は「歌をやっていく」と言われたときに、歌の経験がなかったんです。それで、よくわからないまま、いつかはピンとくるんじゃないかと思っていたんですけど、今でもそんなに……どんな歌い方が合っているのかわからなくて。声優さんは歌が上手い方がたくさんいますけど、私はあまりそういうタイプじゃないんだろうなって思っています。逆に微妙な歌唱力のアルバムがあってもいいのかなって(笑)。

——いやいや、先日ファンクラブイベントを拝見させて頂きましたが、非常に素晴らしかったですよ。ファンの方のコールも含めて。

上坂 そう、半分くらいは同志(ファンの総称)が盛り上げてくれているんです。他の声優さんの「○○の気持ちを込めて」とか「聞いてくれる方への応援」などのインタビュー記事を見ると、私は伝えたことがないなと……。

——でも、ご自身で作詞もやられたり。

上坂 なんでしょうね……自分のことを歌詞にせず、党歌みたいなものを意識したので、どちらかというと勇ましさというか……あまり切ない想いとか揺れる気持ちとか、まったく入っていなくて。そういうラブソングをほとんど歌ったことがないので、よくわからないんです。新曲にもありません。

——あ、もうハッキリと宣言しますか(笑)。

上坂 はい、ありません(笑)。淡泊と思われるかもしれませんが、ラブソングは世にたくさんありますから、違う趣旨があっても良いと思います。

——でも「上坂すみれのラブソング」というのも興味があります。

上坂 いつか……やる気が出てきたら、はい(笑)。

——あと、2月11日、12日に開催される中野サンプラザ2デイズ『超中野大陸の逆襲』では、なにをやるんでしょうか。

上坂 去年とはまた違った趣になると思います。曲も多いですし、とにかくホールで2デイズはやったことがありませんので緊張しますね。一度、デビュー直後にシングルが1枚しかないのに、ライブハウスで2デイズやったことはありますが……。

——その時はなにをやったんですか?

上坂 同じ曲を3回くらいやったり、紙芝居をしたり、クレープを焼いたりして間を持たせるという……。でも、今回は曲がいっぱいあるので、そのたぐいの暴挙は起こらないと思います。ただ、そういうちょっとライブっぽくないところが面白いところでもあると思います。

——実は声優さんのライブに行ったのは、先日の上坂さんのファンクラブイベントが初めてだったんですが、とても面白かったです。玉入れとか、二重跳びとか、軍歌を歌ったり、ファンの方のコールも完璧で。

上坂 なんであんなに盛り上がるんでしょうね……盛り上がらないとシベリア送りにでもなるのでしょうか(笑)。鬼気迫る感じが……でも、うれしいです(笑)。

——あと、○×クイズがあったじゃないですか。2階席から見ていたんですが、ズルをしている人がいないんですよね。当たり前かもしれませんが。

上坂 そうなんです。礼儀正しいのが同志の良いところなんです。ちゃんと「今日誕生日の人にプレゼント渡して~!」って言ったら、ちゃんと誕生日の人の所までリレーで渡してくれるんです。なんかこう「いい人かよ!」っていうか、ありがとうございます。

——素敵な現場ですね。あと、初心者的に気になるのは、「にわかに優しい現場か」という部分なんですが。

上坂 一見、公式サイトとかを見ると、にわかに厳しそうな面をしているんですけど、全然そんなことはないと思うんですよね。

——コールしなくても大丈夫ですか?

上坂 いや、コールとかしなくてもいいので。初めて行くからコールもわからないけど、手持ち無沙汰ですよっていう人はとりあえずサイリウムを持っていれば間は持ちます。まわりの老兵というかベテランみたいな人いっぱいいますから、ブロマイドとかも簡単に交換してくれます、気軽に。終わったあとは飲み会にもきっと参加できます。よく同志飲み会とか起こっておりますから。中野は飲み屋さんもたくさんありますし。

——ハートフルな現場ですね。

上坂 ハートフルですよ。私より年上の方、社会人の人が多いので、きっと懐が広いんだと思います。全然大丈夫です。ぜひ、軽い気持ちで来て頂けたらと思います。


<リリース情報>
2016年1月6日発売
『20世紀の逆襲』(キングレコード)

2年ぶり2枚目のフルアルバムには、2014年3月リリースの『パララックス・ビュー』から、2015年72年ぶり2枚目のフルアルバム月リリース『Inner Urge』までの既存曲11曲に加えて、新曲5曲と2曲のインスト曲、全18曲が収められる。初回限定盤A、B、C、通常盤の4形態でリリース。

『20世紀の逆襲』初回限定盤A

『20世紀の逆襲』初回限定盤B

『20世紀の逆襲』初回限定盤C

『20世紀の逆襲』通常盤

スターチャイルド上坂すみれHP
http://www.starchild.co.jp/artist/uesakasumire/

スペースクラフト上坂すみれHP
http://spacecraft.co.jp/uesaka_sumire/ 

上坂すみれTwitter公式アカウント
@Uesakasumire

上坂すみれLINE公式アカウント



OVERTURE No.005

http://www.amazon.co.jp/OVERTURE-No-005-%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/419710426X/ref=pd_rhf_gw_p_img_2?ie=UTF8&refRID=113R6483KZ8VHJSKMKX7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

インタビューの関連ニュース