ライブレポ

ファンのサプライズ演出に感涙! 大阪☆春夏秋冬『JUMP』大阪公演レポ

2016年06月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪☆春夏秋冬『JUMP in OSAKA』独占インタビュー!

――今回の『JUMP in OSAKA』では手紙を読んだり一文字コメントをしたりと、コーナー演出も見所でした。

茉奈 8月の『BEAT』に向けての『JUMP』という位置づけでもあったので、2公演とも終わっちゃったので、あとは『BEAT』に向けてどう勢いを付けるかが大事だと思います。
舞奈 フェスやでフェス! 夏フェスでどれだけお客さんの心を掴めるかやな。
由奈 大阪☆春夏秋冬の名前は少し知られてきたと思うんですけど、実際に見てくださった方はまだ少ないですよね。
茉奈 歌が上手いとかダンスが激しいとか、いい風に想像してくださっている方もいると思うんですよ。その想像を超えていくパフォーマンスを見せられないとダメですよね。
恵園 期待を超えるグループでいたいですね。
由奈 去年を超えていかな!

――昨年は大阪☆春夏秋冬を知っている人がほとんどいませんでしたが、今年はハードルが昨年よりはるかに高くなっています。

茉奈 そうなんですよー、そこはちょっと怖いです。
舞奈 ハードル上がっているって話はメンバーでもしているんです。
恵園 与えてくださった時間の中でどれだけ見せられるか、ですよね。

――それでは今日初披露した新曲の『What you gonna do』について教えてください。

舞奈 しゅかしゅんらしい洋楽っぽいテイストでありつつも、これまでのレパートリーになかった新しさも感じられる曲になっています。
茉奈 歌詞はガツガツした恋愛ソングで、けっこう乙女っぽさもありますね。
杏菜 歌詞の面ではバラード曲と同じ方向性なんですけど、曲のテイストがまったく違うところは新しい部分だと思います。
里奈 アメリカっぽい雰囲気が大好きですね。
舞奈 こういう曲を与えていただけたのは、メンバーに大学生世代が増えたことで、大人っぽい曲も歌えるようになったのかなって思います。
 

他の曲とはひと味違ったフォーメーションから始まる『What you gonna do』

『What you gonna do』では舞奈に加えて杏菜と茉奈によるトリプルボーカルで歌い進めるシーンも多い

――7人のうち5人がこの3月に高校を卒業しました。

舞奈 メンバー5人はもう、来年二十歳ですからね。
恵園 うぉっ、ホンマや!
杏菜 二十歳か~。
由奈 高二の私から見ても「こういう曲歌うようになったんやなあ」って思いますね。
舞奈 たぶん1年前の私たちがこの曲を歌ったら、魅力を感じなかったと思うんです。
茉奈 めっちゃ良い曲だけど、歌わされているって感じになってただろうなあ。
舞奈 そう考えたら今後は、こういう曲がどんどんマッチしてくるのかなって思いますね。

――今後は大人っぽい曲が増えていくかも。

舞奈 いろんなジャンルの曲に挑戦させてもらえるのは「カタヤブリ」って言ってる私たちにとっては嬉しいことですね。それらを全部しゅかしゅんのものにしていきたいです。
由奈 振付でも他の曲ではAメロからガツガツ踊ってるんですけど、この『What you gonna do』では振付に雰囲気があって、一人一人の感情移入が必要な曲だなって思います。
茉奈 振付の先生が表情にもこだわっていて、「もっと哀愁出して」とか指摘されてますね。
杏菜 事務所の先輩で振付を考えてくれた長谷川唯ちゃんは24歳なので、ダンスにも大人っぽさが入ってるんじゃないですかね。

――みなさんは女性として成長しているという実感はありますか。

茉奈 周りから「もう18歳なんだから!」と言われることは多くなりました。私の場合はくしゃくしゃ笑顔がトレードマークなんですけど、それも大人になったら封印ですかね…、やっぱりできないです!(苦笑)
瑠奈 私は「高校生になったんやから」って言われることが多いです。
由奈 同級生とか見てると、自分のほうが大人って思うこともあるかなあ。いつも18歳のメンバーと一緒に居るし。
舞奈 アイドルって『What you gonna do』みたいな曲はあまりないと思うんですよ。そのなかで私たちが大人になっていく過程でこういう曲を頂けたということは、いまのしゅかしゅんの状況にマッチしているような気がします。
杏菜 盛り上がるだけじゃなく、歌詞とかも聴く人に訴えかけられるような曲なんで、表情とかでも伝えていければなって思います。
 

白いドレスを着てのパフォーマンスでは、大人っぽいたおやかさを感じさせる場面も多かった

――今日は舞奈さんの弾き語りでお客さんと一緒に歌う場面がありました。

恵園 思っていたよりたくさんの方が歌ってくださって驚きました! けっこう覚えるのも早くてね。
茉奈 舞奈ちゃんがツイッターの動画日記で歌っていた曲を演ったので、それを見ていてくださった人も多かったみたいです。
由奈 きっと、なんかこれ聴いたことあるなあって人も多かったんだと思います。
茉奈 しゅかしゅんのファンの方って、初めての曲とかでも聴いている途中で合いの手を入れたり振り真似をしたり、すごく反応が早いんですよ。今日もそんな一体感があったと思います。
舞奈 ノリがいいからね、大阪だから。
恵園 これが大阪魂やな!

――反応が早いという意味では『レインボーカラー』も大阪では初披露でした。

恵園 いやね、今日はあのサイリウムにホンマびっくりしました!
由奈 めっちゃたくさん振られていて、本当にキレイでした!
恵園 舞奈の涙を見て、『城ホールまで泣かんのやろ!?』ってステージ上で口に出しちゃったんですけど、私も客席観たら涙が出てきました。
杏菜 生誕祭とかでサイリウムを振ってもらったことはありますけど、今日はまったく予想してなかったので、本当のサプライズでしたね。
舞奈 素晴らしいファンの方々に恵まれて、しゅかしゅんは本当に幸せ者やと思います。有難うございました!
 

ライブ後半で今日イチのポーズを決めてくれた舞奈。しゅかしゅんのライブはメンバーとファンによる魂のぶつかり合いだ!

しゅかしゅんを信じるファンたちが8月11日のなんばHatchを盛り上げてくれるはずだ

【JUMP ~飛翔~ IN OSAKA セットリスト】

M01 DAWN OF MY LIFETIME
M02 もしも逢えたなら
M03 BABY CRAZY
M04 戸惑い
M05 BABY
M06 妄想ラプソディ
MC  ※漢字一文字を披露
M07 Last Day
M08 SHINE
M09 レインボーカラー
M10 C'mon!
MC  ※ファンへの手紙を読み上げ
M11 Raise a FLAG!!
M12 カメレオン少女
M13 plasma
EN1 What you gonna do(新曲)
EN2 Let you fly

■大阪☆春夏秋冬 公式サイト
http://syukasyun.com/

■大阪☆春夏秋冬 公式ブログ
http://ameblo.jp/manyo-syaonyan/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加