ライブレポ

さくら学院「ファストパス争奪戦」水野由結に謝られた父兄の顔が!!

2014年09月29日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院「夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2014年度 秋学期試験」ライヴレポート@ディファ有明 27.SEP.2014


 9月27日土曜日、秋晴れの爽やかな天候の中、東京有明・ディファ有明でさくら学院のワンマンライヴ昼夜2公演が行われた。さくら学院にとっては5月5日の転入式以来のワンマン、転入生の倉島颯良と岡田愛にとっては初のダブルヘッダー。期待される新曲初披露や新部活動ユニットなど、様々な意味のある同公演。まずは昼の部をレポートする。

『さくら学院2013年度~絆~』

 14時から開始された昼の部公演「夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2014年度 秋学期試験」。夜の部に優先入場できる権利を賭けた、来場ファン参加のクイズ大会が行われる。会場の前半分はスタンディングのフロア、後ろは座席になっているのだが、その座席部分の最前部は黒い幕で覆われていて、何かが隠されているようだ。

 場内のBGMが止み、始業を告げるチャイムが鳴る中、ファンは皆大歓声でステージに注目する。だが、なかなかメンバーが現れない。すると突然男声のエキサイトしたアナウンスが鳴り響く。

 いつの間にか後部の黒い幕は取り払われ、そこには何とプロレスのリングが! リングに登場したのは田口華と磯野莉音の2人。田口は白い衣装、磯野は黒い衣装だ。田口がベビーフェース、磯野がヒールなのか? 観客は普段とは違った凜々しい2人にエキサイト、フロア後部のリングの方へと逆圧縮だ。リング上に対峙した田口と磯野は、かつて一世を風靡したクラッシュギャルズ、あるいはビューティ・ペアのように華麗にアップテンポな新曲を歌い上げる。

 間奏では田口が「おい、お前リングに上がってるけどプロレス語れんのか?」と磯野を煽る。すかさず「喧嘩売りに来ました!」と磯野も田口を挑発。場内はライヴ会場と言うよりプロレス会場のような盛り上がりだ。

 予想外の始まり方に度肝を抜かれた観客。すかさず2曲目がスタート。今度は真反対のステージからメンバーが登場してくる。手には皆バトンを持っている。曲は久々に聞く『ラピカム』だ。菊地最愛・水野由結・野津友那乃・倉島颯良・山出愛子の5人による新生バトン部「Twinklestars」の登場にファンは大歓声で応える。1曲目とは打って変わって可憐で女の子らしいステージングとバトン捌き。ジェットコースターのような展開にフロアの熱気は上昇の一途。水野プロデュース委員長のプロデュース能力、恐るべし。

 予想外の2曲が終わり、制服姿の磯野、大賀咲希、岡田愛が登場。チャレンジMCが始まる。1曲目のプロレス同好会がカッコ良くてキュンキュンしたと大賀。「楽屋で見てたけど、いつもステージ側向いてる父兄さんがリングステージのある後ろの方を見ているのが面白かった」と笑わせる。更には「華ちゃんの眉毛がカッコイイ。マネージャーやりたい」と続けた。

 2曲目のバトン部について岡田は、「衣装が可愛い。メグも可愛い衣装着て部活やりたいな。入りたいのはもちろん徳川部」と発言し、どよめきと笑いが。「それ可愛い衣装着れないじゃん」とツッコむ大賀に、岡田は「武将さんや足軽さんが着てる甲冑を可愛くアレンジして着たい」。これにはフロアも微妙な笑いに包まれる。

 ここで磯野は「岡田の成長を見たい」と、岡田に歴代部活の名前を言いながらバレエのターンを強要。岡田はくるくる回転しながら部活の名前を連呼。大拍手に包まれながら、「ひとつ言い忘れちゃった」と岡田。それはまだ解禁してない部活ということで盛り上がるフロア。という台本にないような流れの中、もう一つの新しい部活が紹介される。ステージに上がったのは野津友那乃と白井沙樹。購買部の2人が新曲を披露する。お勧めのグッズを紹介する楽しい歌詞で、父兄たちも初めて聞いた曲とは思えない盛り上がりだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院