ライブレポ

さくら学院公開授業レポート「岡田愛が〝若頭〟を襲名!?」

2014年10月06日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「俳句の授業」1限目レポート 04.OCT.2014

さくら学院の公開授業「俳句の授業」が、東京・有明のTFTホール500で行われた。今回の講師は俳人・エッセイストの夏井いつき先生。創作活動だけでなく、俳句集団「いつき組」組長として、全国の小中高校生対象の俳句の授業〈句会ライブ〉を行うほか、全国高校俳句選手権「俳句甲子園」の運営やTV番組など、幅広く活躍している。TVでは辛口のコメントで知られている夏井先生が、さくら学院の生徒たちの俳句をどう切り捨てる(笑)のか注目だ。

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

  14時から行われた1時限目の生徒は菊地最愛、水野由結、大賀咲希、白井沙樹、倉島颯良、岡田愛の6人。最初に登場した担任の森ハヤシ先生は、今日は菊地と水野が初めて同じ授業に出るので、スベらせるわけにはいかないと意気込む。さらに「転入生も良い意味でも悪い意味でも成長してる。岡田なんてこの前のライブで『先生、メグ今日も可愛かった?』なんて聞いてくるし、倉島は前回の公開授業で僕が名前を忘れてから当たりが強くなっちゃって『先生、私、今日噛まないので、噛まなかったら100円ください』なんて言うのでそこら辺も注目して」と笑わせた。

 森先生のトークですっかり会場もリラックスしたところで生徒の入場。森先生に名前を呼ばれ1人ずつステージに登場するのだが、6人が6人とも「はい!く!」とビミョーな返事で登場する。「はい」と「く」のあいだの間が、1人1人違うところも生徒たちの個性か(笑)。

 菊地は中間テストが終わったと嬉しそうに報告。「レッツ、ファイブ・セブン・ファイブ!」とのっけからテンションが高い。水野は「今日は前髪を分けてみました」と報告。父兄からは「可愛い!」の声援が飛ぶ。水野はさらに「最近左のまつ毛が1本だけ2.5センチくらい伸びた」と、授業とは全く関係のない話題を展開。大賀は「TFT 希望の花を 咲かせちゃうぞ?」と字余りな句を詠んで沸かせる。さらに「この日のためにお母さんに俳句の本を買ってもらい勉強してきたので、自分の素直な気持ちを俳句で伝えたい」とやる気を見せ、客席からはどよめきが起きた。

 白井は「学校で短歌の授業をしていて、文化祭で短歌を教室に貼るので、今日の授業を生かせるように頑張りたい」とポジティブだ。倉島は「俳句は苦手なので、今回の授業で得意になりたい」と前向き。岡田は「メグは俳句が初めてなので頑張ります」と可愛くコメントした。

 森先生が水野の睫毛の話題に触れると、隣の菊地が顔同士が触れ合うんじゃないかというほど至近距離で確認。恋人同士のような接近に一瞬、父兄たちからどよどよと何とも言えない空気が伝わってきた。

 ここでようやく講師の夏井先生を呼び込む段取りだが、森先生は何と夏井先生と言うべきところを誤ってなつき先生と発音。ブーイングの生徒たちに「先生の名前難しいよね?」と弁解するが、倉島に「全然」と冷たく一蹴されてしまう。

 そんなこんなでステージに登場した夏井先生、「永遠に呼ばれないかと思った」と早速ジャブを繰り出す。俳句集団「いつき組」組長という自己紹介で場内をどよめかせ、「今日はとても簡単な俳句の作り方を一つ教えるのて、会場にいる人全員を組員にして帰りたい」と笑わせた。

 夏井先生は「俳句のルールはたったの2つ」と授業を始めると、早速白井が手を挙げ、「5,7,5と季語を入れること」と答えると会場からは大拍手。すかさず岡田が「知ってる!知ってる!」と割り込んで笑わせる。さらに「5,7,5全部でいくつ?」と質問すると菊地が「17」と答え会場からは大拍手。夏井先生は「この程度で拍手するな」とツッコみ、森先生は「会場のこの人たちが甘やかすんですよ」とぼやいてみせる。夏井先生は「今日は客もしつけないと」と笑わせた。


次ページでは、森先生の意外な過去が!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院