ライブレポ

モーニング娘。‘14、初のNY公演に海外ファンや田中将大投手が熱狂!

2014年10月07日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 モーニング娘。’14が10月5日(現地時間)に、米国ニューヨークにある劇場のBest Buy Theaterにて単独コンサート「Morning Musume。'14 Live Concert in New York」を行なった。

 9月30日の新メンバー加入発表をもって14名体制となったモーニング娘。’14だが、今回のニューヨーク公演には新メンバーを除いた10名で渡米した。
 

タイムズスクエアに位置するBest Buy Theater。横幅26mに及ぶLEDスクリーンに「MORNING MUSUME. '14」の文字が躍った

 モーニング娘。の海外公演は、2010年のフランス「Japan Expo」以来。また、米国での公演は2009年にロスで開催された「Anime Expo」内でのステージ以来、今回が2回目となる。さらに、リーダー道重さゆみ以外のメンバーにとっては、海外公演自体が初めてとなった。

 劇場のあるブロードウェイには公演の数時間前から長蛇の列ができるほど、コンサートを心待ちにするファンが集結。カナダからこの公演のためにニューヨークに来たという25歳の女性は、「フォーメーションダンスが面白いし、パフォーマンス力が高くてかっこいい」と興奮気味だ。

 また、お隣のニュージャージー州から来た20歳の女性は、「とにかく歌とダンスが最高で、才能がある。アイドル界では一番! ファン7年目にして初めてのモーニング娘。のコンサートに来れてすっごく楽しみです!」と、こちらも興奮をあらわにしていた。
 

Best Buy Theaterの建物を取り囲むように観客の列が伸びていた

 前述のカナダから来た女性は、ファンになったキッカケが2005年にモーニング娘。の映像をインターネットで見たことだという。今回のニューヨーク公演にはSNSで知り合ったファン同士で来場したとのことで、インターネットがきっかけやファン同士が繋がりを作っていることがうかがえる。

 いよいよ開演。午後4時にオープニングのSEが流れ始めると、ファンのボルテージは最高潮に。Best Buy Theaterに集まった2000人の大きな歓声がホール内に響き渡るなか、『One・Two・Three(updated)』でステージが始まった。

 メンバーの衣装は青地に白い星、そして紅白の横ストライプという、まさに星条旗をイメージしたデザイン。衣装の各所に「NY」の文字もあしらわれている。
 

星条旗をあしらった上下セパレートの衣装で登場したモーニング娘。’14

 観客たちはメンバーの歌に合わせて、「One! Two! Three!」と大きな掛け声で返すなど、その声援は日本での公演とは違う雰囲気で、まさにアメリカン! 1曲目からメンバーと観客との一体感が会場を埋め尽くす。

 多くの観客はモーニング娘。のコンサートを初めて観る人ばかりにもかかわらず、メンバーの振りを真似て身体を動かしたり、掛け声をかけるタイミングといった対応力はとてもこれが初めてとは思えない。どうやら、インターネットでライブ映像やMVを視聴することで、コンサートの楽しみ方を事前に把握するなど準備をしてきたようだ。

 3曲歌い終えたところで、道重が「みなさんこんにちはー!」と会場中を見渡しながら挨拶。すると、待ち望んでいたかのような大きなリアクションで、ファンからは日本語で「コンニチワー!」と歓喜の挨拶が戻ってきた。このニューヨーク公演に向けてメンバーが英語を勉強してきたことを伝えると、観客は喜びの表情を見せ、メンバーの言葉に耳を傾ける。
 

ペンライトを振っての応援など、日本流の応援スタイルが定着していた

 ほとんどのメンバーにとって初の海外公演とあって、緊張のあまり途中で英語を忘れてしまったり、たどたどしいシーンもあったことは否めない。だが、一生懸命に伝えようとするメンバーの姿勢が多くのファンに伝わったのか、幾度となくあたたかい声援がおくられていた。

 小田さくらは、「今日は、“ありのまま”の自分で頑張ります!」と英語で伝えると、『Let it go』のサビの部分を歌ってみせた。飯窪春菜は大のマンガファンでオタクであることを伝えると、「オタク」というキーワードが響いたのか会場からは笑いが起こった。

 鈴木香音に至っては、自己紹介をしようとした途端にMCの声がかき消されるほどの熱狂的な大歓声が発生。これには鈴木はもちろん、メンバー一同も何が起こったのかと驚きの表情を見せていた。海外での人気をダイレクトに実感した鈴木は、大歓声の理由を「自分の体積では? アメリカンサイズ(の体型)がちょっとウケてるんじゃないかと思います」と屈託のない笑顔で語っていた。

 このように、メンバーの愛嬌ある素の表情がこぼれたMCコーナーのあとは再び、ステージはスピード感を上げて展開。9期メンバーが加入して以降、ここ数年内にリリースされたEDMサウンドの楽曲では一糸乱れぬクールなフォーメーションダンスとパワフルなボーカルで観客を魅了し、いっぽうで、笑顔全開で歌い踊る楽曲も繰り広げられる。
 

間口40フィート(12m)×奥行き28フィート(8.4m)のステージをフルに活用して、モーニング娘。らしいフォーメーションダンスを展開した

 様々な楽曲がパフォーマンスされるなか、イントロが流れ始めた段階で、何の曲なのか瞬時に察して歓声を挙げ、一緒に歌うファンも見受けられた。日本から約10,000kmという遠く離れた地にもモーニング娘。の楽曲がしっかりと浸透しているという事実は、ステージ上のメンバーからもよく見えていたとのことだ。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース