ライブレポ

【速報】BABYMETALロンドン公演ルポ 大英帝国の地で初披露した新曲『THE ONE』

2014年11月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今年の夏、欧州をそして北米を席巻した我らがBABYMETAL。熱いリクエストに応えて遂に行われた「BACK TO THE USA/UK TOUR 2014」。NY公演に続いて開催された、ちょうど4ヶ月ぶりとなるロンドン凱旋公演の模様を速報でお届けする。

 


 季節は夏から秋へと、そして冬がやってきた。灰色の重い雲が低く垂れ込めたロンドンの街。霧の都と呼ばれるに相応しい、灰色の町並みが軒を連ねている。街を行き交う人々は、既にコートを着込む者も多い。鮮やかな緑の中で行われた、あのSonisphere、そして初のロンドン公演から4ヶ月。季節は移ろうとも、ロンドンっ子のBABYMETALへの熱い想いはちっとも変わっていなかった。

 ライヴ当日。朝から雨がちな寒い気候の中、会場となるO2アカデミーには続々とファンが押し寄せる。午前11時を過ぎた頃には既に100人以上の人間が列を作っていた。日本からのファンは7月と比べると少ないようだ。

早くから会場に集まり始めた英国のBABYMETALファン。カメラに向けて“KITSUNE SIGN”をしてくれた。その右側には、3人のコスプレをした女性ファンも

 やはり短期間での2度のヨーロッパ遠征はフトコロに厳しい。そして初となるNYを選択したファンも多いのだろう。イギリス人のファンは、7月にはみかけなかった顔が随分と増えている。この夏の欧州・北米でのライヴ実績がさらに多くのファン層を開拓したといえそうだ。

 さて、会場となるO2アカデミー・ブリクストン。テムズ河南岸に位置し、移民のコミュニティもある地域である。キャパシティは4000人を誇り、ロンドンでは大物クラスの次に位置するアーティストたちが演じる規模の会場だ。それだけの大きさの会場にたった4ヶ月で帰ってこられるとは、正直驚きだ。

 午後になり雨は止んだものの、じっと列を作って並ぶファンにとっては10度少しの気温は厳しい。開場まであと1時間半と迫った17時頃にはまた雨が降り始める。レインコートを着込み、傘の花が開く。しかし傘が役に立たないほどの強い雨に叩きつけられ、ずぶ濡れで開場を待つ。まさに“止まない雨”といった情景だ。

 予定より15分ほど遅れ、行列が動き始める。会場内に入ると、セキュリティを過ぎた場所に物販があるが、既に黒山の人だかりだ(日本人が少ないので黒山ではないが・笑)。新作のパーカーやTシャツもあっという間にサイズ切れになっている有様だ。

 1階フロアに入ると、建物の外観からは想像できないほど広い。ステージに向かってゆるやかな傾斜(というより坂)になっているのだ。これなら後方でも見やすそうだ。

 改めて観客の面々を眺めてみると、日本人の割合はやはり明らかに前回より減っている。収容人数は増えているのに、である。それだけイギリスを始めヨーロッパの新規ファン層が増えているということだ。場内はジューダス・プリーストやアイアン・メイデンといった英国を代表するヘヴィメタルバンドのBGMが流れ、場内大盛り上がりで大合唱するシーンもある。



 20時38分、DRAGONFORCEの『Heroes Of Our Time』が終わり、場内は暗転。BABYMETALの大歓声に包まれ映像が始まる。


次ページ「SU-METALの歌声に国境はない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: BABYMETAL