コラム

[ひめキュンフルーツ缶]アイドル離れのサウンド・クオリティ マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2014年12月04日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 西新宿在住のスーパーギタリスト“マーティ・フリードマン”が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ-POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 今回は愛媛発のローカルアイドル・ひめキュンに注目!

ひめキュンフルーツ缶『パラダイム』

#16_ひめキュンフルーツ缶『パラダイム』


「新アイドル戦国時代を切り開く、次世代アイドルたち」の最終回は、こちらのアイドルユニットを紹介しましょう。ひめキュンフルーツ缶です!

 彼女たちは愛媛を中心に活動しているローカルアイドル。その割にはサウンドが超カッコイイんだよ。

 切り裂くようなシンセサイザー、激しくストロークするギターのカッティング、そして力強い8ビートのドラムは純度100パーセントのロックサウンド。そこにアイドルの声が乗っているんだから、ものすごく新鮮。正直、こんなに出来がいいなら、「アイドルじゃなくても流行するんじゃない?」って思ったくらいだね。

 で、この音を作っているのは誰なんだ? と思っていろいろ調べたんだけど、実はこの曲のプロデュースって、ひめキュンの地元・愛媛のインディーズロックレーベル「マッドマガジンレコード」が手掛けているんだって。

 前々から思っていたことなんだけど、今のアイドルシーンを陰から支えているのってロック系のミュージシャンが多いような気がする。じゃないとBABYMETALや仮面女子、そしてこのひめキュンみたいなサウンドのアイドルは出てこないじゃん?

 しかも、世はローカルアイドル全盛。ひめキュンとマッドマガジンレコードのように、その地域のサウンドクリエイターがローカルアイドルの楽曲制作に携わっているという例はほかにも沢山あるんじゃないかな。

 音楽制作に携わるなら東京に来てナンボというのが今までのセオリーだったけど、それが徐々に変わってきているのかもしれないね。

 ところでこのひめキュン、ダンスや衣装が微妙に発展途上だったりする。それがまたアイドルらしくてカワイイじゃん。アイドルの今後の成長を楽しみたい、という人にはベストなユニットかもね。

(構成・文/尾谷幸憲)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

コラムの関連ニュース