コラム

ハロプロ研修生の看板を背負い、モーニング娘。になった人、譜久村聖

2014年11月14日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 9月30日に発表されたモーニング娘。’14・12期メンバーには、ハロプロ研修生から牧野真莉愛と羽賀朱音の2名が加入した。モーニング娘。にハロプロ研修生からの加入したメンバーはこれで5名となった。その最初が、9期メンバー譜久村聖だった。発表当日にサプライズで加入が発表され、現在ではモーニング娘。’14のサブリーダーを務めている。

モーニング娘.'14『TIKI BUN/シャバダバ ドゥー/見返り美人』

 Juice=Juiceの宮本佳林が譜久村を「ハロプロエッグの星」と言うくらい、譜久村がモーニング娘。に加入したことは、当時のハロプロ研修生に在籍していたメンバーにとって大きなことだったのだろう。

 それまでハロプロ研修生からハロー!プロジェクトに正式加入したのは、2008年にソロデビューした真野恵里菜や、2009年にハロプロ研修生内ユニットとして結成されたスマイレージなど。すでに出来ているグループに、ハロプロ研修生が新メンバーとして加入することは少なかった。

 2010年に行われた当時、多くのハロプロ研修生が受けていた9期メンバーオーディション。もちろん譜久村も受けていたが、彼女は3次審査で落選していた。生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音がお披露目されたときに、ハロプロ研修生は9期メンバーに入ることが出来なかった、と残念に思う気持ちはきっとあっただろう。しかし、2011年の正月のハロコンで発表された譜久村の9期加入。これは確実に、自分たちも頑張ればモーニング娘。に入れる、デビューできるという希望の光だったはずだ。

 モーニング娘。に選ばれたことで、譜久村自身が感じたプレッシャーも大きかった。「自分が失敗したら、次につながらないかもしれない」という、ハロプロ研修生全体の運命を背負うような想いで頑張り続けてきた。「ひとりでも多くデビューして、〝ハロプロ研修生〟というのがなくなってほしい。みんなにデビューしてほしい。だから(自分が)頑張らなきゃ」とも言う。

 モーニング娘。’14の12期メンバー、スマイレージ3期メンバー、そしてカントリー・ガールズにハロプロ研修生が選ばれるなど、ここ数ヶ月で大きな動きがあった。ハロプロ研修生だけでの公演も定期的に行われており、確実に知名度は上がっている。その一方で、去っていくメンバーもいる。つい最近もハロプロ研修生として活動していたメンバーの活動終了発表があった。

 譜久村をはじめ、ハロプロ研修生からデビューしたメンバーたちは、そういったことも含め、ハロプロ研修生という看板を背負い、活躍している。同じ夢を追いかけたからこそ、その想いを知っているのだろうし、その分もっと頑張れる。譜久村のハロプロ研修生への愛は、とてつもなく深い。

次ページは「譜久村の歌声の変化」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

コラムの関連ニュース