ライブレポ

さくら学院が初代生徒会長・武藤彩未に繋いだバトン

2014年11月21日 05時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4~Pop'n アイドル03~
ライブレポート

 
 
 11月20日、『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS
DAY.4~Pop'n アイドル03~』が恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された。この日は℃-ute、さくら学院、Dorothy Little Happy、武藤彩未という4組のアーティストが出演し、チケットはSOLD OUT。客席は目当てのアイドルのTシャツに身を包んだ精鋭でいっぱいだ。イベントのライブレポート、まずは第一弾をお届けする。

さくら学院は新曲『ハートの地球』を披露

 開演時間になると、タワーレコードの嶺脇社長が自らステージに現れた。「今日は天気がね……やっぱり雨っていう。わかる人にはわかると思うんですけれど、今土砂降りですからね」とまずは挨拶。〝わかる人〟でいっぱいの会場は爆笑に包まれた。「(今回のイベントは)簡単に言うと、僕が観たいアイドルさんを呼んだ」という簡潔過ぎるイベント主旨に会場からは笑いと歓声があがった。そう、この日はまさに嶺脇フェスティバルなのである。
 
 出演順に簡単な挨拶があった後、まずトップバッターであるさくら学院が颯爽とステージに現れた。1曲目は『ハートの地球』からスタート。手にしたショッキングピンクのポンポンをうまく使い、ハートマークやアルファベットを型取ったフォーメーションで会場を元気に盛り上げる。課外活動もあり、以前よりも全員で集まって練習する時間を取ることも難しいであろうに、きっちりと徹底的に作り込まれたフォーメーションには目頭が熱くなる。
 
 続く『負けるな!青春ヒザコゾウ』では「みなさん、楽しんでますかー!?」とステージ左右のお立ち台に上ってオーディエンスを煽った後、『ベリシュビッッ』でアッパーチューンを続けて披露。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院