ライブレポ

ソロアイドル界にとっての希望——武藤彩未

2014年11月21日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4~Pop'n アイドル03~
ライブレポート

 
 
 11月20日、『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS
DAY.4~Pop'n アイドル03~』が恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された。タワーレコード主催のアイドルイベントながら、T-Palette Records勢ではなく℃-ute、さくら学院、Dorothy Little Happy、武藤彩未という4組のアーティストが出演。ライブレポート 第二弾をお届け。

 


  イベントのトップバッターを務めたさくら学院。水野由結の感動的なMCと生徒全員の全力のパフォーマンスで繋がれたステージ……次に現れたのは、この日、唯一ソロで出演する初代さくら学院生徒会長・武藤彩未だ。母校の後輩達からの想いを背負って、たった一人で対外イベントに挑む。

作り込んだステージを見せてくれる武藤彩未

 ショッキングピンクに赤をポイントにした衣装でまず歌い出したのは『宙』。スッとした伸びやかな歌声で会場を魅了する。武藤彩未という存在は、ソロアイドル界にとって希望である。歌いだしたとたん、その場の空気がスッと彼女に支配されるのだ。

 会場も、ただ武藤の歌を聴き入っている。2曲目の『交信曲第1番変ロ長調』ではステージを左右に歩き回り、観客へ次々と目配せをしていった。一人ひとりの心を、そのまま掴みとっているように見えた。

 そんな神々しい彼女も、MCでは一変、あっけらかんとした態度なのがまた魅力。「やっぱ、私も気になるので聞いちゃいたいんですけど、私を今日初めて観たという方!(客席にあがった手を見渡しながら)……リアルですね。ふふ、末永くおつきあいよろしくお願いします!」そのまま、ペコリとおじぎをしてあどけない笑顔を見せた。

 そして先ほどのさくら学院・水野由結のMCにも言及し、ステージでつい泣いてしまったことを暴露。「後輩達にすごくいいバトンを繋いでもらったので、この後のDorothy Little Happyさん、℃-uteさんに、私もいいバトンを繋いで行きたいと思います!」と、何だかすっきりした様子だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院