ライブレポ

Dorothy Little Happy 〝お嬢さん〟の殻を破った力強い攻めのステージ!

2014年11月21日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4~Pop'n アイドル03~
ライブレポート

 
 
 11月20日、『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS
DAY.4~Pop'n アイドル03~』が恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された。この日は℃-ute、さくら学院、Dorothy Little Happy、武藤彩未という4組のアーティストが出演した本イベントのライブレポート、第三弾をお届けする。

個々のスキルの高さを証明するパフォーマンスで度肝を抜いた

 さくら学院、そして武藤彩未に続いて登場したDorothy Little Happyは激しめのナンバー『My Darling』でスタートした。通常の対バンイベントよりも持ち時間が長めとあって、普段は違うタイプの楽曲を盛り込んだ攻めの姿勢なのが伺える。メンバー個々のスキルが高いことに定評があるユニットだが、〝踊れるドロシー〟をここぞとばかりに見せつけるようだ。
 
 続いてラップパートも盛り込まれた『2 the sky』を披露。メンバーの歌声は非常に力がこもっている。「本当に楽しみにしていて、ステージ上にたってもワクワクが止まりません!」そう話す富永美杜は興奮しているのか、いつもより少し早口になっているようだった。
 
 リーダーである白戸佳奈の「今日、私たちを初めて見る方が多いと思うんですけど、みなさんの声をききたくて……この曲を歌います!」という曲振りから大人気曲『デモサヨナラ』がスタートすると、定番の「好きよ」、「オレモー!」の掛け合いがフロアに響き渡った。
 
 続いてシングル曲『ストーリー』を歌いきると、「みなさん、素敵な〝オレモー〟コールをありがとうございます!!」とメンバーもご満悦。そこから唐突にテーマトークが始まり、タワーレコードのコピー、「NO MUSIC,NO LIFE」にちなみ、メンバーの生活に欠かせないものをそれぞれ告白。
 
 食べることが大好き! という秋元瑠海は「NO食,NO LIFE」と珍回答。オンナノコ! な優等生・高橋麻里から「NO いちご,NO LIFE」というアイドルとしての模範解答が出ると、会場のファンからも歓声があがる。「別にイチゴ食べなくても生きてるじゃん!」と揚げ足をとられ、ニコニコと笑う姿も可愛らしい。
 
 グループ最年長(とはいえ二十歳)である白戸からは「NO卵粥,NO LIFE」という妙なフレーズが登場。「最近、朝ご飯もするっと喉に入るものじゃないと駄目で……」という理由が告白されると、「歳を感じる!」と他のメンバーから容赦ないツッコミが入るシーンも。先ほど攻撃された高橋も「さくら学院さんとか、卵粥とか知らないよきっと」とカウンターをかける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース