ライブレポ

ハロプロのこれからを担う℃-uteが雨の恵比寿に響かせたもの

2014年11月22日 05時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.4~Pop'n アイドル03~
ライブレポート

 
 
 11月20日、『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS
DAY.4~Pop'n アイドル03~』が恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された。この日は℃-ute、さくら学院、Dorothy Little Happy、武藤彩未という4組のアーティストが出演した本イベントのライブレポート、最終版。
 
 


 イベント冒頭の挨拶でタワーレコード嶺脇社長から「今日は天気がね……やっぱり雨っていう。わかる人にはわかると思うんですけれど。」と真っ先にコメントが出るほどの超雨女、矢島舞美。モーニング娘。’14の道重さゆみが卒業後の次期ハロー!プロジェクト・リーダーに任命されているメンバーだ。

 ℃-uteがこのような対外試合に出演するのは珍しい。今までも「ニコニコ超会議」や「COUNTDOWN JAPAN 13/14」などの大型イベントに出演してきたが、久々のことである。矢島曰く、「今日はちょっと気合いが入り過ぎちゃったみたいで……。気合いが入れば入るほど雨が降るんですよね……。」という。意気込みの通り、この日の恵比寿は土砂降りに見舞われてしまった。

リキッドルームのサイズ感での℃-uteのパフォーマンスは強烈

 フロアにサイリウムが光り輝きだすと、ステージにイベントのトリを飾る℃-uteが現れる。1曲目は『都会っ子純情』でスタート。続く『アダムとイブのジレンマ』では岡井千聖の声量に驚かされた。
 
 MCでは岡井が「(共演者したアイドルが)みんな若過ぎて、こんな日がくると思っていなかったんですよ。13年前にハロー!プロジェクトキッズに入った時は……若さを忘れずにいきたいと思います」とコメント。
 
 続いてはリリースしたばかりの新曲『I miss you』。複雑過ぎる程に各メンバーで細分化されたハモりを披露する。同じフレーズに3つの歌詞を盛り込むなど、キャリアと貫禄を感じさせる難易度の高い楽曲を歌いきった。
 
 同じく新曲である『THE FUTURE』では℃-uteのお家芸である音ハメの細かいバキバキのダンスを披露。会場からも大歓声があがる。
 
『悲しきヘブン』は鈴木愛理と岡井が複雑なハモりで得意の歌を競うように掛け合い、矢島・中島早貴・萩原舞がダンスに徹するという楽曲。キャリア約10年、全員がオリジナルメンバーという強みを活かして、そのパフォーマンスを見せつけた。

「アイドルに憧れられるアイドル」その存在感は別格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース