ライブレポ

THE ポッシボー11.16中野サンプラザ詳報 感傷ムード皆無で本気の天下獲り宣言!

2014年11月24日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 半年以上に渡って続けられていたTHEポッシボーのツアー「祝THE ポッシボーJapanツアー2014 ~8年かかりましたわ~」が、11月16日の中野サンプラザで千秋楽を迎えた。一時は解散説がまことしやかに囁かれたが、どん底状態から奇跡のV字回復を果たし、この日を迎えたのだ。

 会場となった中野サンプラザは、ハロー!プロジェクトのアーティストがしばしば公演を行う“ハロプロの聖地”。一部から“つんく♂ファミリーの落ちこぼれ集団”と揶揄されていた5人の意地が爆発した恰好である。勢いづくリーダーの岡田ロビン翔子はライブ終盤に日本武道館への進出を誓い、満員で埋まった客席も大歓声でこれを後押しした。

 


 公演は、パーティ感覚溢れる内容だった。なにせ全員が20歳以上、最年長の諸塚香奈実に至っては25歳である。低年齢化が進むアイドルシーンに対抗するように、大人の余裕漂う貫録のステージを展開していく。5人編成のバンドに加え、総勢12人からなる「たをやめホーンズ」の分厚いサウンドに乗せ、メンバーは縦横無尽にステージを闊歩。1曲目の『なんかすんごい事ができそーだぞーう!』から会場は大きなグルーヴの渦に包まれていく。

 MCに入ると、ロビンは「広いねぇ! デカいねぇ! 中野サンプラザ! 全国ツアーも今日でファイナルだよ!」と満面の笑顔。橋本愛奈も「今のポッシボーは食べごろ! 今が一番旬なんです!」と根拠もなく断言する。言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ(By 与作)。

ゲストの大谷雅恵(ex-メロン記念日/右から3人目)と『恋がダンシン!』を熱唱

事務所スタッフが務めるバックバンドとの相性もバッチリ

 4曲目の『恋がダンシン!』では、ゲストとして盟友の大谷雅恵(ex-メロン記念日)が合流する。そのまま同曲を5人と一緒に歌い切ると、さらに今度はユニコーンの手島いさむがギターをかき鳴らして登場。大谷も交えて『人生はパーリィー!だぁー!』を炸裂させ、やんやの喝采を浴びていた。

 それにしても、改めて5人は歌が上手い。「アイドル」や「アーティスト」といったジャンル分けがまったく無意味になるほど、超実力派の片鱗を見せつけていく。中でも抜群の安定感を誇る橋本のボーカルと、インプロヴァイゼーションも強烈なロビンのヒップホップ・マナーは日本音楽界の至宝だ。また、秋山ゆりかはソロの新曲『ふらちMistake』の男性ダンサー2人にエロ絡みするようなナマ唾18禁パフォーマンスでファンの度肝を抜き、一方で後藤夕貴のソロ『Lovely!Lovely!』はブリブリかつドリーミーな世界観で会場をほっこりさせた。おそらく後藤と一緒にステージに立った日傘も喜んでいたことだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: THEポッシボー