ライブレポ

道重さゆみが後輩に見せた景色……娘。が横浜アリーナに帰ってきた!

2014年11月27日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 11月26日、『モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~』が横浜アリーナにて開催された。

 道重さゆみの4329日間の集大成である本公演のライブレポートの後編をお送りする。

[前編]道重さゆみが4329日全てを捧げて横浜アリーナに導いた、モーニング娘。'14の集大成

極上の景色を噛み締めるメンバー

 『彼と一緒にお店がしたい』の曲中で〝お気に入り〟メンバーである鞘師の唇を奪った道重。MCでは「さゆみ、やりましたー! こんな大勢の前での、(鞘師)りほりほとの公開キスはとっても気持ちよかったですー!」とご満悦。
 
 ここで特別ゲストとして初代リーダー中澤裕子、そして27日から新ハロー!プロジェクトリーダーに就任する℃-uteの矢島舞美、同期の田中れいなが登場し、卒業を祝福する。「しげちゃん、昔から可愛かったけど、今日本当に可愛いよ!」という中澤からの言葉には「中澤さん、なんでそんなに優しいんですか?」「可愛いのピークを今日に仕上げてきました!」とトークも絶好調だ。矢島から毒舌トークを振りまきながらも裏では優しかったというキャラ崩壊エピソードが暴露された後、盟友・田中れいなも「本当に同期? 信じられない!」と同期・道重の成長に驚いきつつも「12年間お疲れ様でした!」としっかりした真面目なメッセージが贈られた。
 
 ここからは本ツアーで3パターン用意されていたメドレーを全て濃縮した長時間のスペシャルバージョンでお見舞いする。『シルバーの腕時計』では新垣里沙パートを石田が引き継ぎ軽快なラップを披露し、往年の名曲を新アレンジで連打。
 
 そしてメドレーも中盤に差し掛かろうかという頃、『ABCD E-cha E-chaしたい』からは道重がメインステージにとどまり、それ以外のメンバーがセンターステージで歌唱した。道重が足を痛めてしまい、ダンスパフォーマンスが出来なくなってのとっさの判断だったことが後のMCの際にわかったのだが、(後輩が歌い上げる様子を後方のステージから見守るという、卒業後を仮想した演出か……?)と思わせてしまう程の完璧さだった。
 
『好きだな君が』で〝さゆみずき〟として道重と2人で歌うはずだった譜久村が機転を利かせて全速力でメインステージを走り、道重のサイドに駆け寄り無事歌いきった。イメージカラーが同じピンクで、立ち位置も対になることが多かったこのユニットの最後のステージということで会場のボルテージも高まった。
 
「もっと声はって行けますかー?!」という新サブリーダー・生田の煽りから本編もラストスパート。道重のデビュー曲である『シャボン玉』を全員で歌唱した。2013年5月に田中れいな卒業公演のラストをこの曲で飾ってからわずか1年半。メンバー全員の声量が増し、より迫力のあるパフォーマンスをみせてくれた。鈴木香音の厚みのある歌も非常に素晴らしい。
 
 そして道重体制の出発・EDM路線のきっかけとなった『One・Two・Three』、CMソングとして大量露出を叶えた『Password is 0』で駆け抜ける。「皆さんも一緒に歌ってください」という曲振りからは本編ラストの『Be Alive』。コンサートでも定番曲となっている、優しいナンバーで会場もふんわりとした幸せで包まれた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース