ライブレポ

思わず涙……アイドルネッサンス「初恋」公演は情感あふれる時間に

2014年11月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アグレッシヴな楽曲で躍動感溢れた「太陽と心臓」公演とは変わり、こちらは女性ボーカル曲を中心にした、世界観の構築に特化したセットが組まれた。


[太陽と心臓レポ]
アイドルネッサンス 初の昼夜2回公演は新たな試みが盛りだくさん

「初恋」公演は、可愛らしい楽曲多め。彼女たちも心なしか、いつも以上におしとやか

『Good day Sunshine』で幕を開けたこの時間、百岡と比嘉の楽曲のタイトル通りの輝く笑顔が印象的。続く『恋する感覚』のメロウで疾走感溢れる楽曲世界に寄り添うように、南端と宮本の甘めでガーリーな声が映える。
 
 2曲を通して石野と新井は声でしっかりと引き締め、橋本は常に視線を会場の隅から隅まで届ける。楽曲を通して一人一人の個性や役割を印象付けられる瞬間があるのは見事の一言。
 
 3曲目『Butterfly』は披露する度に新たな発見がある。振りの際、宮本がしなやかな指使いをすれば、対角線上の比嘉は「ビシリ!」と音が聞こえそうなほどタイトな動きをみせ、まるで男女の気持ちを表した対比のように見える……と考えすぎかもしれないが、そう思えるほど、世界観の構築に注力しているように映る。

対角線上にいることが多い宮本(左)と比嘉(右)。相反する動きや、双子のようにシンクロする姿を見ているだけでもアイドルネッサンスは楽しい

 5曲目『シャングリラ』は、初回披露時の頃から比べ格段に歌もダンスもレベルが上がっている。特に全員の声量が上がったことで、サビのハモリがゴスペルばりに声の壁状態になるのは圧巻。特にこの曲の石野が素晴らしい。Aメロでの切なげな場面では顔を曇らせ、サビの昂揚感溢れる瞬間は溢れんばかりの笑顔を見せる。ボーカルの中心にいることでたくましい歌声がフィーチャーされがちだが、彼女は表情でも歌っている。マイナー調、メジャー調でしっかりとその都度変わる彼女の表現の発露が全てから滲んでいるのは素晴らしい。

指先から軽やかさが伝わる『Butterfly』

「初恋」公演での「放課後も頑張るネッサンス!!」もMV公開となった。こちらはもちろん『初恋』。学園生活の1ページを切り取ったような内容を、なんとデ・パルマ、スコセッシばりのワンカット長回しで魅せきる超冒険映像に! 比嘉の「映画を観ているみたいだった」という表現はピッタリ。
  • 1159_ext_08_0.jpg
  • 1159_ext_08_1.jpg
  • 1159_ext_08_2.jpg
  • 1159_ext_08_3.jpg
  • 1159_ext_08_4.jpg
  • 1159_ext_08_5.jpg
  • 1159_ext_08_6.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース