ライブレポ

ハロプロの未来を背負う〝タマゴたち〟の成長は、一瞬たりとも見逃せない!

2014年12月07日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 『ハロプロ研修生 発表会 2014~11月・12月の生タマゴShow!~』が12月6日、Zepp Tokyoで行われた。今年9月以来となる生タマゴShow昼公演の模様をレポート。

ハロプロ研修生ファーストアルバム『① Let's say “Hello!”』

 ライブは疾走感のある『Crying』からスタート。続いて披露されたのが、今回の生タマゴShowで初披露の『女の園』。芸の道で生きる女たちを歌った、これまでになかったタイプの楽曲。

「女の園ってねたみやっかみと 甘いケーキで出来てる」なんて、唸ってしまうようなつんく♂節のきいた歌詞を、まさに女だらけの芸能の世界で戦うハロプロ研修生が歌うという、絶妙な組み合わせ。

 最初のMCには浜浦彩乃、加賀楓、斎藤夏奈が登場。ここで話された加賀の父親がメタルバンドをやっているという話に、メンバーもファンもびっくり! しかも母親もバンドをやっているということも判明。CDも出しているという加賀の父親のバンドについて、MCを務めるまことがその日一番の食いつきをみせていた。

 ここからユニット曲が続く。まずはモーニング娘。『The 摩天楼ショー』。ここでは新沼希空、段原瑠々、船木結がメインパートを担当。憧れの先輩だという鞘師里保のパートを歌う段原が、圧倒的な歌唱力を見せた。

 続いてベテラン浜浦彩乃のかわいらしさが生かされた、スマイレージ『あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい』。この曲では、今年5月に加入したばかりの斎藤夏奈のよく通る声が印象的だった。

 そして今回のライブを通して一番盛り上がった楽曲と言っても過言ではない、田口夏実・野村みな美・加賀楓による℃-ute『僕らの輝き』。それぞれの魅力が存分に発揮され、かつ客席をしっかりと盛り上げていた。この1曲で、これまで先輩のバックダンサーや舞台で積んできた実力をしっかりと見せてくれた。

 次のMCでは、ハロプロ研修生の新メンバーを紹介。今回加わった新メンバーはなんと9名。静岡出身の小野田紗栞が地元の給食の話をしたり、ダンスで世界大会に出場したという橋本渚が特技を見せたりと、これから大いに活躍するであろう新メンバーたちへの注目が高まった。このMCで進行役として参加していた田口夏実に対してまことが浜浦と呼び間違えたときの、田口の少しいじけたような顔がとてもかわいらしかった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加