ライブレポ

「さくら学院☆2014 Celebration in December」レポ|意外なシャッフルユニットが盛りだくさん!

2014年12月08日 23時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「さくら学院☆2014 Celebration in December」ライヴレポート@ KAAT 神奈川芸術劇場 2014.DEC.07


さくら学院のCDデビュー4周年を記念するライヴが、12月7日に横浜市のKAAT 神奈川芸術劇場で行われた。2014年最後のライヴで10人の生徒たちはどんな成長を見せたのか?

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 日本列島が寒気に包まれ、関東地方以外はあちこちで雪に見舞われた師走最初の日曜日。さくら学院のライヴが行われた横浜地方は、雪こそ降ってないものの最低気温は0度を下回るような寒さを記録。いよいよ冬本番がやって来た感が漂う。

 しかし、会場となったKAAT 神奈川芸術劇場は会場前から熱気に包まれていた。今年度の卒業式まで4ヶ月を切り、さくら学院にとって初会場となったキャパ1200人オーバーを誇るKAAT 神奈川芸術劇場であったが、非常にチケットの取りにくいライヴだと、多くのファンが感じたハズだ。無理もない。この10人で行われるライヴも残りあと数本なのだ。

 会場となったKAAT 神奈川芸術劇場は非常に大きく、2階・3階はほとんど垂直に近い構造で、かなり上から見下ろす印象であるが、距離感は近く、メンバーのフォーメーションなどが見やすい印象がある。上の階からはステージ上に施されたさくら学院のロゴもハッキリと見える。ステージは2層構造で、1階中央に舞台裏への出入り口があり、左右には2階部分への階段が配されている。

 1曲目は菊地最愛生徒会長が指揮を取る合唱から始まる『School Days』、2曲目はフラッグを振って盛り上がる『Hello!IVY』と、4周年を迎えるデビューシングル『夢に向かって』のカップリング2曲を続けて披露。あの頃を知るメンバーは菊地と水野由結の2人だけ。一番小さかった2人が最上級生としてメンバーたちを支える立場に立派に成長したのは感慨深い。

 自己紹介では山出愛子と田口華が髪を切ったと報告して拍手を浴びる。同級生の岡田愛に12月1日が誕生日だったと紹介された山出は、「1秒1秒大切に成長していきます」と抱負を語った。

 さらに卒業生の松井愛莉、中元すず香、佐藤日向と12月生まれが多いという話題になると、ここまでスルーされてきた野津友那乃が手を挙げ、「友那乃も12月14日が誕生日なんですけど!」と切れ気味に発言(笑)。「卒業までもう少しだけど、歌とダンスのレベルをもっと上げたい、そしてドジをしないように」と宣言して父兄たちの喝采を浴びた。

 そして、ライヴの翌日の12月8日は4年前に「さくら学院のデビューシングルが発売された記念すべき日」ということで、日頃の感謝をこめた1日限りのスペシャル企画・シャッフルユニットがスタートする。

 まず登場したのは新聞部・SCOOPERS。自称新聞部として今も活動する水野と磯野莉音のふたりが、卒業生の松井と三吉彩花のデュオ曲『Brand New Day』を演じる。実に久しぶりの同曲に、シャッフル企画の期待はのっけからヒートアップ。

 そして唐突にパジャマ姿の菊地が「むにゃむにゃ」と寝ぼけながら登場して場内を笑わせる。菊地は続けて「出番間違えちゃった」とボケながら次の部活動を紹介。

 帰宅部・sleepieceの『すいみん不足』を演じるは、野津・大賀咲希・白井沙樹の3名。さくら学院白Tシャツに赤いハーフパンツとパンダのスリッパという格好(なぜか白井だけパンダではなかった(笑))で、間奏ではバランスボールに乗りながら早口言葉競争で、負けた白井が買い出しに行かされるというオチが繰り広げられた。

 続いて登場はテニス部・Pastel Wind。テニスラケットを手にした菊地・水野・磯野・山出がボールを客席に向けて〝スマッシュ!〟。ボールは意外にも2階席近くまで飛んで沸かせ、『予想以上のスマッシュ』をキュートに演じた。特に菊地の艶のある声質は、フレンチポップス系のお洒落で甘いメロディの同曲には良くマッチしたと感じた。


次ページは、水野と菊地のユニットをあの2人がパフォーマンス!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース