トピックス

NMB48山本彩、たかみなの卒業宣言に「プラスに考えられるようにしたい」

2014年12月10日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NMB48の山本彩と渡辺美優紀、白間美瑠、矢倉楓子、薮下柊、吉田朱里が9日、大阪・難波のNMB48劇場で行われた「NMB48×Bijoude CM&コラボレーションジュエリー」の記者発表に出席した。

「NMB48×Bijoude CM&コラボレーションジュエリー」広告ビジュアル

 会見では、NMB48がジュエリーブランド「Bijoude(ビジュード)」とコラボし、初のテレビCMにメンバーたちが起用されることが発表された。年末から放送されるCMでは6人がいつもとは違った少し大人な魅力を放っている。

 山本は、「私たちNMB48とジュエリーがなかなか結び付かなかったので、『本当に大丈夫かな?』と思ったのですが、女性として、憧れで大好きなジュエリーのCMに出演できるのは、本当にうれしいです」とニッコリ。

 渡辺は、「普段からジュエリーが大好きで、毎日欠かさずに身につけているものなので、『Bijoude』さんとコラボレーションができて、本当にうれしいです」と喜びをあらわにした。

 矢倉は「女性としてももちろんうれしいですし、NMB48としても、いつもと違った一面を見せることができてうれしいです」。

 白間は「ジュエリーといったら、大人の女性のイメージだったので、(撮影している時は)どんな仕上がりになるんだろうと思っていて、不安なんて吹っ飛ぶぐらい素晴らしいCMになっていて、すごくうれしかったです」と語った。

 また、吉田は「女性からの支持があるタレントでないと、ジュエリーのCMには出られないと思っているので、私たちNMB48も女性の方々からも支持されていると評価されているんだなとうれしく思っています」。

 薮下は「CMに出られることだけでもうれしくて、さらにジュエリーと聞いて、すぐに家族に自慢しました!」と報告し、「喜んでくれましたが、『私には似合わない』と言われたので、似合う女性になれるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 CMの見どころを聞かれると、渡辺は「『Bijoude』のキラキラした魅力と、少し大人なNMB48が詰まったCMになっています。応援してくれているファンのみなさま以外の方にも印象に残るCMになっています!」とアピールした。

 NMB48の10thシングル『らしくない』がCM楽曲に起用されているが、白間は「今回の『らしくない』は、白間と矢倉でダブルセンターを務めさせて頂いて、スゴく大事な曲で。その『らしくない』がCMに起用されていて、スゴくうれしいです」。

 矢倉は「『らしくない』という曲名どおり、普段のNMB48とは違った“らしくない”姿を表現しているので、CMをたくさんの方に見て頂いて、曲とともに記憶に残るとうれしいです」と話した。

 ジュエリーのデザインに関して渡辺は、「ハートがスゴく好きで、絶対に女の子にはハートを付けてもらいたくて、男性の方にもペアなので、こだわりを入れて、100パーセント私の要望を聞いて頂いて、すごくシンプルでカワイイ、みなさんが身につけやすいデザインにしました」。

 さらに、「メンズとレディースを組み合わせると、ちょうどハートの型が合うんです。クリスマスも近いので、カップルでペアで付けて頂いて、そんなカップルを見かけたら、私から『ありがとうございます』と握手をしに行きたいと思います」とハニカんだ。

 一方の山本は「本当にゼロから考えたので、デザインにも悩みましたし、メンズとレディースでどう変えようかなとも悩んで。違うものにもしようかと考えもしたんですけど、ペアということで、あえて全く同じものにさせて頂きました」。

 続けて、「クラウンが好きで、そこにもう一つ加えたいなと思って、格好良い感じの翼を付け加えまして、中にキラキラした石も入っていて、石自体も動くので、よりキラキラ輝くかと思います。クリスマスも近いのでぜひカップルにつけてもらいたいです」と微笑んだ。

次ページは、高橋みなみ卒業を受けて山本彩の決心

NMB48渡辺美優紀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: NMB48