トピックス

『まーどぅー本』に見るモーニング娘。’14佐藤優樹&工藤遥の成長の足跡

2014年12月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 発売中の書籍『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪団』が話題になっている。同書は雑誌『Top Yell』に連載されていたモーニング娘。’14の“まーちゃん”こと佐藤優樹と“くどぅー”こと工藤遥が、毎回ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)の先輩たちにインタビューするインタビュ―集だ。

書籍『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪団』(竹書房)

 2人が訪ねる先輩は、すでにハロプロを卒業している真野恵里菜、来年の春で無期限の活動停止に入るBerryz工房の7人、℃-uteの5人、スマイレージ初期メンバーの2人。

 さらに単行本特別収録として、フォーメーションダンスの生みの親である振付師のYOSHIKO先生、2人がモーニング娘。に入った当初リーダーだった新垣里沙、先日卒業した道重さゆみも登場する。

 それぞれの先輩の意外な本音や2人に対するアドバイスなども見逃せないポイントなのだが、なんといっても面白いのはインタビュアーというホスト役であるはずの2人の掛け合いだ。

 佐藤優樹はその独特の感性で「好きな木は何ですか?」「好きな窓は?」「好きなネジは?」といった突飛な質問を次々と飛ばし、さらには「ご飯を食べる習慣がよくわからない……」「(部屋のレイアウトは)自分で考えるんじゃなくて、部屋が考えるの」といった、摩訶不思議な発言を繰り返す。

 一方の工藤遥は、そんな不思議な佐藤の発言を通訳しながら、中学生とは思えないようなしっかりとした質問と発言で場を締める。

 先輩たちの本音を聞き出すインタビューなのに、ときには先輩そっちのけで繰り広げられるまーどぅーの掛け合い。そして、そんな2人が普通のインタビューでは起こりえない事件を毎回巻き起こす。

 今回は同書の担当編集者に直撃。全18回のインタビューの中から、特にこれはスゴかったという「ハロプロ先輩探訪団5大事件簿」を教えてもらった。

商店街での撮影の途中、モーニング娘。’14のチラシを見つけ、一緒に写真を撮る2人。(撮影/髙橋定敬)

1【夏焼雅を放ったらかして2人で口喧嘩事件】

 これは、2012年の9月に取材したBerryz工房の夏焼雅さんをゲストに迎えた回でのことです。

 取材の直前、2人はハワイにファンクラブツアーで行っていたんです。そのハワイで、集合時間に佐藤さんが遅刻してしまって、10期メンバーの自由時間がなくなってしまったんですね。そのことで10期内でケンカが勃発し、メンバーの飯窪春菜さんが号泣してしまったというのが、ファンの間では有名な「飯窪さんハワイ号泣事件」です。

 取材時に、この事件について2人に軽く話を振ってみたところ、夏焼先輩そっちのけで、お互いの言い分をとにかく主張し始めて……。

 工藤さんが「まーちゃんがちゃんと謝らないんです」と言えば、佐藤さんは「絶対に謝ってるんですよ」と反論。謝った謝らないの子供の喧嘩に、夏焼先輩もどうしていいのかわからないまま「もう本当にどう収拾していいのかわからない(笑)」と、本では“(笑)”がついてはいますが、完全に苦笑いでした。この口喧嘩はえんえんと続き、本にしたときは夏焼先輩との対談が全13Pある中、8Pに渡ってしまいましたからね(笑)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加