月刊エンタメ

”怖い先輩”と噂のBerryz工房、その原因は声だった!?

2013年12月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 月刊エンタメ12月号(10月30日発売)では『ニッポンハロプロ化計画始動!!!!!』と題して、武道館ライブを控えたBerryz工房と新進気鋭の若手Juice=Juiceの対談を掲載。

 同特集から今回は、合同ライブ「ナルチカ」を開催した両グループの関係性についての下りを抜粋した。10年選手Berryz工房と新人グループJuice=Juiceの交差する思いに注目したい。

対談メンバー:Berryz工房 清水佐紀、徳永千奈美 / Juice=Juice 宮崎由加、高木紗友希

左からBerryz工房 徳永千奈美、清水佐紀 / Juice=Juice 高木紗友希、宮崎由加

最初に「ナルチカ」のことを聞いたとき、思ったこと

徳永 焦りっていうか、メンバーに危機感が出てきたのは事実なんです。誰だって新商品には目がいくものだし、ましてやアイドルというのはフレッシュさが生命線。男の人は、基本的に若い女の子のほうが好きだから。その中で、Berryzはどうしていくのかという……。

──でも、実際の年齢はさほど変わらないのでは?

徳永 う~ん、でもカリンちゃん(宮本佳林、15歳)とキャプテン(清水佐紀、22歳)だと、だいぶ違いますね。リサコ(菅谷梨沙子、19歳)は宮崎ちゃん(宮崎由加、19歳)と同い歳ですが……。

高木 それが信じられない……。

宮崎 とても同い歳には見えない。もう別世界の方です……。

清水 それはリサコが強烈なだけ。リサコは、スーパー19歳だから(笑)。

徳永 一度、ダンスの途中で植村ちゃんの手がリサコにぶつかったことがある。そのときの植村ちゃんは「菅谷さん、すいません!」って顔面蒼白になっていた(笑)。マアサ(須藤茉麻)が「リサコ、怖がられているよ」って笑いにしていたけど。

8都市16公演にわたる「ナルチカ2013秋 Berryz工房×Juice=Juice」を成功させた両グループの絆は深まったに違いない

Juice=Juiceドキドキ告白
「怖い怖いと噂のBerryz先輩 一番怖いのはこの人です……


──Berryz工房はハロプロ内で恐れられていると評判です。誰が一番怖いんですか?

宮崎 ……いや、別にそんなことは……。

──清水さんだってハッキリ言ってもいいんですよ?

高木 清水さんは優しいです! 一緒に歌う曲で手を繋ぐ場面があるんですけど、最初は私が遠慮しちゃって握れなかったんです。だけど清水さんが「もっと強く握っていいんだよ」って言ってくださって……家に帰ってから、お母さんに自慢しました(笑)。

宮崎 怖いというより……みなさん、おしゃれだから胸がキュッとなります。

徳永 Berryzが怖いと言われる原因はわかるんですよ。Berryzは、みんな声が低いんですね。熊井ちゃんもそうだし、マアサもそう。でもテンションは決して低くないし、機嫌も悪くはないから。だから、そこは勘違いしないでほしい。せっかく一緒に全国を回るんだから、その誤解だけは解いておきたい(笑)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Berryz工房  Juice=Juice