ライブレポ

Especia、満員のO-EASTでメジャーデビューを堂々宣言!

2014年12月16日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月4日 の昼、地元大阪CLUB VIJONで杉本暁音の脱退公演が行われた当日・同会場で5人体制のEspeciaは初の全国ツアー『Mucho GUSTO Especia 2014 Tour』をスタートした。14ヶ所を巡るツアーのファイナル公演となった12月14日O-EASTでのワンマンライブレポート。

Especia

 客電が落ちると、円陣を組んでの気合い入れの様子が映し出される。結成時は10人いたメンバーが半分となり、まさにここからが勝負時。走り続けるしかない彼女達の本心であろうか、「立ち止まれない!!」とNo1 Sweeperの歌詞にちなんだ掛け声だ。

 コーラス隊やバックバンド・そして花があしらわれた豪華なステージに、メンバーが現れる。Especiaの中でも特にスロウなナンバー『BayBlues』から公演はスタート。『FOOLISH』では三ノ宮ちかのヌケ感もありつつきっちりと魅せてくるダンスも一際目をひく。『アバンチュールは銀色に』では会場のファンがコーラスを歌い、ゆるやかな一体感を作り出していた。フルバンドというスペシャル編成も、彼女たちを後押ししている。

 『Mount Up』は森絵莉加の成長が目覚しく感じられた。歌パートにも恵まれている冨永悠香と脇田もなりの2TOPが中央に君臨して目立つことが多かったが、5人編成となり、各メンバーの顔つきが変わっている。奇数編成の場合は明確なセンターが出来ることになるが、この中の誰が真ん中に立ってもしっくりくるのが不思議なくらいだ。

 Especiaの中でも一際異彩を放ち、その名の通り〝スパイス〟的な役割を背負っている三瀬ちひろにも貫禄が出てきた。メンバー脱退というダメージは全く感じられない。彼女達は真っすぐ進み続けるために、5人での勝負体制をたった2ヶ月で整えてきたのだ。

 その後もMCを挟む事無く、本編は続いて行く。『No1 Sweeper』では「みんな踊れー!!」というメンバーからの煽りを受けて、1階席の観客が一気にステージ前方に詰め寄った。各メンバーのソロダンスパートがあり、ここで初めて会場からもコールが上がった。

 『ミッドナイトConfusion』では「O-EASTぶっこわせー!」という三ノ宮からの指令で、会場が大きく揺れる。Especiaの楽曲はとびきりメロウでアーバン。格好良過ぎて時にここがアイドル現場であることを忘れてしまうが、こうやって観客と一緒になるポイントをきっちりと作ってくれるのは流石である。いつも通り、何も語らないままに『YA・ME・TE!』を歌いきったところで本編は終了した。



次ページは「アンコールで起きたサプライズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加