ライブレポ

Cupitronがワンマンで見せた未知の可能性!

2014年12月17日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12月13日土曜、午前11時ごろ。人気もまばらな新宿歌舞伎町にあるライヴハウス・RUIDO K4だけは熱気を放っていた。今年6月にデビューした3人組テクノアイドル・Cupitron(キュピトロン)の記念すべきワンマンライヴ「Galaxy Party Ver.1.0.0」が開催されるのだ。

 ステージには巨大なスクリーンと両サイドに垂れ幕と近未来チックな施し。ここからして、何が起こるのだろう? と期待を煽らせる。

 暗転と同時に場内全体を、満点の星空が包む。この日、ステージはもちろんフロアにまでプロジェクションマッピングが映されるという、かなり実験的かつハイセンスな試みを行っているのだ。

 暗闇の中から3人が現れキック、低音強めのエレクトロサウンドに乗り、星間を駆け巡るような映像とシンクロするようにキレ味鋭いダンスを繰り広げる。フロアにいる一人一人には点のような星が映され、そのひとつひとつが繋がっている様は、どことなくファンと彼女たちとの絆のように映る……(筆者の考え過ぎだろうが)。

オープニングから曲世界に浸る3人。グッと表情も引き締まる

 バシリとポーズを決めると、カラフルなシンセの音色が響き渡る。記念すべきこの日を、彼女たち初のシングル『ユニコーンパレード』で飾る。ハイウェイのトンネルの中を疾走していくようなイメージと、常に目まぐるしくフォーメーションを変えながら歌う彼女たちの姿がリンクしていく。

 続くは彼女たちのデビュー曲『サマーカイジュウ』。コミカルなタイトルながら、マイナー調で泣きどころ満載。この良き楽曲を、引き締まったステージングで魅せる。

 センターの浜田彩加は、可憐な姿からは想像できないほど力強く歌い踊る。最年少にして最小の宮川里奈は手足を大きく使いダイナミズムを演出。その二人の合間を縫うように、リーダーの山川二千翔は緩急を使い分けたダンスでしっかりと統率していく。三者三様の持ち味が序盤からいかんなく発揮された姿に、著しい成長を感じる。

ダンスはパワフル、トークでも勢いを見せる元気印!な浜田彩加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加