インタビュー

GEMがスパガに挑戦状!「iDOL Streetと言えばGEMと言われるように」

2014年12月25日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最新となる3rdシングル『Star Shine Story』がデイリーランキング1位、ウィークリーランキング5位を獲得し、好調な滑り出しを切っているGEM。インタビュー企画第2弾は、デビューイヤーの〝GEM元年〟を一気にプレイバック。すると、とんでもない暴露話も飛び出して……。

前回に続いて、金澤有希、村上来渚、武田舞彩の3人が登場!

We're GEM! もっと深いメンバーのこと、教えます!

インタビューに参加してくれたのは、左から村上来渚、武田舞彩、金澤有希

――今回は、GEMの2014年を振り返っていただきたいと思います。まず、1月1日に『We're GEM!』でメジャーデビューしました。メジャーデビューすると今までとは変わるものですか?

村上 いろんなテレビ番組やラジオでGEMの曲を流してくれるのがうれしくて。聴いた時に不思議な感覚ではありましたけど、「メジャーデビューしたんだ」という実感が沸きました。

――メンタル的に変わったことってありますか?

金澤 いい意味で欲が出てきました。「もっとこうしたい」と思うことが増えたんです。

武田 見られているという意識を持つようになりました。それまで私、寝起きでパジャマのまま電車に乗ったりしてたんですけど、2ヶ月くらい前から気をつけるようになって。

――えっ!? どこまでパジャマのまま電車に乗ってたんですか?

武田 誰も見てないだろうと思っていたので、ひと駅先のスーパーまでパジャマで行ったり……。髪を乾かす時間がなくて、濡れたまま電車に乗ったこともありました。

金澤 あった! 集合時間が朝早かったんですけど、舞彩は前日に寝落ちしちゃったみたいで髪の毛ビチョビチョで来たんですよ(笑)。

武田 お風呂に入りながら寝ちゃったんです(笑)。

武田舞彩はパジャマで電車に乗っていた!?

――武田さんはいろいろ心配になりますねぇ。さて、2月からは地方でのライブも増えたと思います。

金澤 森岡悠の出身地でもある福岡でライブができるとは思わなくて。決まった時はビックリとうれしさがありました。

ーー武田さんの地元である福井でもライブを行ないました。

武田 福井でライブすることは夢のひとつだったんですけど、地元のテレビ局で特番を組んでいただいたおかげで、想像以上にたくさんの方が来てくださいました。涙を流してくれている方もいたんです。
  • 1215_ext_08_0.jpg
  • 1215_ext_08_1.jpg
  • 1215_ext_08_2.jpg
  • 1215_ext_08_3.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: GEM  iDOL Street