ライブレポ

選ばれし3000人が目撃したBABYMETAL SU-METAL聖誕祭

2014年12月23日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BABYMETAL「APOCRYPHA-S」ライヴレポート@豊洲PIT 2014.DEC.20

 11月8日、2度目のロンドン公演で”メタルレジスタンス第二章”の幕を閉じたBABYMETALの、2ヶ月ぶりとなる日本でのライヴが12月20日に行われた。この日はSU-METAL17度目の誕生日。いわゆるファンクラブである"APOCALYPSE"の会員の中の選ばれしわずか3000人の前で行われた聖誕祭の模様をお届けする。

 


 2014年も残りあと10日ほどとなった東京・新豊洲。地下鉄有楽町線とゆりかもめの接続駅となっている豊洲駅と、2年後の新市場オープンを控えた市場前駅に挟まれた新豊洲駅は、この10月にオープンした今回のライヴ会場となる豊洲PITとその隣のフットサル場以外に娯楽施設も何もない地域。

 コンビニすらない開発途上にある地に、物販を求めるファンは朝から列を作った。ファンクラブ限定のSU-METAL聖誕祭とあって、ファンの期待感も大きい。ふだんと違った演出はあるのか? 昨年同様カバー曲の披露はあるのか? 寒さをものともせず熱く語るファンたち。その背中を徐々に強くなっていく雨が容赦なく濡らしていく。思わず11月のロンドン、O2 Academy Brixtonの光景がよみがえる。あの日も開場を待つファンを冷たい雨が襲った。ロンドンも豊洲も、この後の最高のひとときのため、ひたすら寒さに耐えて待つ姿は同じだ。

 初めての会場となった豊洲PIT。キャパは3000人オーバー。BABYMETALのライヴとしては初めて入場時の顔認証が行われた。トラブルもなくスムーズな入場になったようであるし、顔認証の精度も高いということで、今後も引き続き行われることを期待したい。

 ライヴハウスとしては国内最大の規模になる豊洲PIT。会場内はさすがに広い。しかしステージの高さがやや低く感じるのは気がかりな点だ。BGMはJUDAS PRIEST、IRON MAIDEN、DRAGONFORCEと英国を代表する正統派ヘヴィメタルバンドのみ。まるでBABYMETALが今後進んでいく道を暗示しているかのような選曲だ。開演予定の18時半を回り、曲が終わるたびに大歓声と拍手がわき起こる。しかしBGMは続く。時計を見ると18時40分を過ぎている。ライヴは20時までと決められているだけに時間が押しているのは気になる。

 18時45分過ぎ、IRON MAIDENの『Flight Of Icarus』の途中でようやく客電が消え、闇に大歓声がとどろいた。スクリーンにSU-METALの生誕を祝う動画が流され、期待感が高まっていく。動画は続く。ワールドツアーの模様がプレイバックされる。レディガガとのツアー、カナダでのメタルフェス、そしてNY・ロンドンへの凱旋。場内のファンは動画にも関わらずヒートアップだ。


次ページは「いよいよライブの幕が切って落とされる」

BABYMETAL『BABYMETAL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: BABYMETAL  さくら学院