コラム

乃木坂46堀未央奈を突き動かすのは同期への深い愛

2014年12月24日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 7thシングル『バレッタ』(2013年11月リリース)で、加入から5カ月しか経っていない2期生ながらセンターに抜擢された堀未央奈。その後も選抜に入り続け、2015年1月7日発売のファーストアルバム『透明な色』には、星野みなみと齋藤飛鳥とのユニット曲『なぞの落書き』が収録されている。しかし、未央奈にとって今までは雌伏の時。2015年は、2期生を率いて新たな未来を創造してくれるはずだ。

 


 乃木坂46に入る前の未央奈は、修学旅行などの行事は率先して計画するものの、普段はボーッとしていることが多い女の子だった。そんな未央奈がアイドルに興味を持ったきっかけは、テレビに映った大島優子と松井玲奈。48Gの握手に行くようになった未央奈は、会場でのミニライブを観るうちに「アイドルになりたい」という気持ちが湧いてきた。

 乃木坂46が2期生を募集していると知ると、未央奈は「あ、受けなきゃ」と躊躇することなく応募していた。生駒(里奈)の「目立つ存在ではなかったけど、乃木坂46に入って変わることができた」という発言を知って、「私も変わりたい」という感情が芽生えたことも乃木坂46に惹かれた理由のひとつだったようだ。

 歌もダンスも未経験の自分が合格したことに戸惑いながら、乃木坂46の2期生として活動をはじめたが、2013年5月のお披露目以降は人前に出ることもなく、メディアに露出することもほとんどなかった。そんな状況に、2期生同士で「これからどうなるんだろう……」と不安を吐き出しあうこともあったという。

 未央奈にとって転機となったのが10月6日の7thシングル選抜発表。『乃木坂って、どこ?』ではすでに収録済みだったが、放送に先駆けて代々木第一体育館のライブで選抜メンバーの名前が読み上げられ、そのセンターに未央奈が抜擢されたのだ。強い覚悟を胸にステージの真ん中でスピーチした未央奈。その姿を見た同期のメンバーは涙を流して祝福した。

 未央奈のセンター曲『バレッタ』は、初動売上約39.5万枚を記録し、12月の日本武道館のクリスマスライブでは3回披露された。14年2月のバースデーライブで、未央奈はファンの方に感謝の言葉を述べてから『バレッタ』を歌唱。乃木坂46の3代目センターという重圧を、「1人じゃない」と知ったことで乗り越えたのだった。

 8枚目から10枚目のシングルではセンターには選ばれなかったものの、後ろから1期生のパフォーマンスを観察して、掘り起こした課題を克服しようとしていった。その裏にあるのは強い責任感。2期生とは離れた場所にいることが多かったが、「自分が2期生の代表としてがんばらないと後が続かない」という想いだった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース