ライブレポ

小島和宏 HKT48台湾密航記5:「言葉の壁」を超えるもの

2014年12月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会場入口前には台湾のファンからの大きな花、そして日本で開催中の全国ツアーと同様に衣装や写真の展示も!

 そして、いよいよ台湾公演。

 開場時間に入口に行ってみるが、まだ誰もいない。おかしいな、と思っていたら「HKT~」などと書かれた看板を掲げた係員に率いられて、たくさんのファンがエスカレーターで昇ってくるではないか。

 複合商業施設の中にある会場とあって、目の前にはレストランが(こちらはこちらで行列ができている)。そのため、会場前に長蛇の列を作るわけにはいかず、ビルの外に一度、並んでもらい、順番にビルの6階まで上がってきてもらっているようだ。

 どう考えても、混乱は避けられないような段取りなのだが、まったくといっていいほどトラブルもなく、非常にスムーズに人が流れていく。唯一、係員のお姉さんの叫び声がおっかないぐらいだったが、これは僕が言葉を理解していないから、そう感じてしまっただけなんだろう。

 台湾のファンから贈られた花は、海外初公演と紅白初出場をWで祝うものだった。ちなみに台湾でも紅白の視聴は可能だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: HKT48