コラム

「わたし、アイドルですから!」武藤彩未が拓くソロアイドルの未来

2014年12月28日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12月27日、武藤彩未ワンマンライブ「OWARI WA HAJIMARI」が行われた。今年4月29日にデビューしてから、さまざまな試みを見せてくれた武藤彩未の、2014年集大成となるライブとなっていた。

2014年の武藤彩未の集大成、そしてこれからの武藤彩未の始まりを見せた、武藤彩未ワンマンライブ「OWARI WA HAJIMARI」。

 たくさんのアイドルがいて、ライブや生であることが重視される今のアイドル界で、高い歌唱力とクオリティの高い演出を見られることが、武藤彩未のライブの醍醐味だと思う。

 今回は、傘へのプロジェクションマッピング、カラフルなレーザー、宇宙を表現したかのようなミラーボールを使った照明、そしてカラフルでキラキラした衣装。アーティスト写真やMVでも表現されているような、洗練されていて、かつかわいらしい、彼女の世界感を体感できるライブになっていた。ライブハウスでのライブで、ここまで演出でも楽しませてくれるアイドルはなかなかいないと思う。

 そして今回のバンドとのパフォーマンスも本当に素晴らしかった。今年は6月10日に行われた610の日Special LIVE「A.Y.M. Ballads」では、ピアノ・パーカッション・チェロとともに、7~8月に行われたSUMMER TRIAL LIVE「20262701」ではキーボードとドラム、というそれぞれ違った編成でのライブを見せてくれた。

 前者では優しい雰囲気の中で彼女の歌声を堪能でき、後者ではテンションの高いポップなパフォーマンスが楽しめた。

 今回のライブでは、キーボードとドラムにギターが加わった編成。『A.Y.M』や『宙』というポップな楽曲から、新曲『OWARI WA HAJIMARI』のようなロックナンバー、そして本編最後のギターをバックに披露したバラード曲『明日の風』まで、幅広く彼女の魅力が発揮されたライブになっていた。

 特に、明るい曲が続いたあと、最後の『明日の風』では彼女の歌の幅を改めて感じ、また心ががっしりと掴まれてしまった。彼女は歌がうまいだけでなくて、歌を聴かせる力があるんだと思った。


次ページは、武藤彩未が選んだソロアイドルという道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加