コラム

10大ニュースで振り返るBABYMETAL怒濤の2014年!

2014年12月31日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 11月のロンドン公演をもって「メタルレジスタンス第二章」に幕を下ろし、新年にはいよいよ、さいたまスーパーアリーナで「メタルレジスタンス第三章」をスタートさせるBABYMETAL。デビューアルバムを発表し、武道館公演や欧米でのツアーなど、非常に重要な出来事の多かったBABYMETALの2014年をカウントダウン形式で振り返ってみよう。(※順位は筆者の独断と偏見によって決定しましたので、悪しからずお付き合いください!)

 


第10位
●レディ−・ガガとの共演を果たす!


 アメリカを代表する歌姫・レディ−・ガガのアメリカツアーのサポートアクトに抜擢され、7月30日から8月6日まで全米5カ所で共演。もともとヘヴィメタル好きで知られ親日家でもあるレディー・ガガ。BABYMETALがその目に留まったのは必然なのかも知れない。彼女のツアーに同行したことで、メタルファン以外のアメリカの一般音楽ファンに存在を知られたことも大きい。また、そのステージングを目の当たりにすることで3人が得たものは大きかったに違いない。


第9位
●『ギミチョコ!!』MV、YouTube再生回数1900万回突破!


 結成当初からYoutubeを1つの武器として国内外に知名度を広めていったBABYMETAL。2013年12月の幕張公演で初披露された『ギミチョコ!!』はMVにされ、Youtubeにアップされると全世界で驚異的な再生回数を記録。その勢いは衰えず、まもなく2千万回を超えそうだ。

 BABYMETALのように知名度のない新人アーティストが、お金をかけずに全世界にプロモーションするのにYouTubeは最高のツール。今後ネットを使った宣伝は常識のものになっていきそうだ。


第8位
●SUMMER SONICに3年連続出演!


 日本を代表する真夏のロックフェス・SUMMER SONIC。今年で3年連続の出場を達成。アヴェンジド・セヴンフォールド、メガデスといった世界的なメタルバンドと同じステージに立った。2年前はフードコート隅の小さなステージ、昨年は幕張メッセ内のレインボーステージ、今年はマウンテンステージと、年を追う毎に大きなステージへと出世。来年はいよいよマリンスタジアムかとの期待も高まる。


第7位
●音楽評論家・伊藤政則氏のラジオ番組に初登場!


 12月30日、NHK-FMで放送されたヘヴィメタル番組「メタルゴッドJP」にインタビュー出演。伊藤氏はメタルを中心とした長年の評論活動で、国内外のメタルシーンに多大な影響力を持つ人物。伊藤氏は当初、BABYMETALに関して否定的なコメントも発していたが、当番組では「新しいジェネレーションのメタル」と言及。若いメタルアーティストが出てこないとメタルシーンは活性化しないと、肯定的に捉えている様子が見受けられた。

 これは以下のような理由があるのではと推測される。それは、BABYMETALの国内外のファンのとらえ方の違い、である。日本国内のBABYMETALファンは、元々メタルが好きだった人間はどもかく、アイドルファンやメタル以外の音楽ファンの場合、BABYMETAL=ヘヴィな音楽を演じるアイドルとして認識している傾向が強い。対する欧米のファンは、若い女の子が演じる、今までに聞いたことのない新しいタイプのメタル、として認識している割合が高い……その相違によるものではないかと。

 当初はアイドルがメタルっぽい音楽をやっている(にすぎない)という認識であった氏が、BABYMETALと共演した海外のアーティストやプロモーターなど関係者の話を聞くうち、これは本気でメタルをやっている若く新しいメタルアーティストなのだと、認識し直したのではと想像出来る。これはもちろん憶測でしかないが、いずれにせよ伊藤氏がBABYMETALを日本発の新しいメタルのジェネレーションとして考えてくれることは大きな意味がある。今後の海外での活動や曲作りなどに多大な影響をもたらしてくれるのではと期待したい。


次のページは第6位~第4位

BABYMETAL『BABYMETAL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: BABYMETAL  さくら学院 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース