インタビュー

GEMで一番ぽんこつなのは……白黒つけます座談会開催!

2015年01月06日 19時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3rdシングル『Star Shine Story』がオリコンデイリーランキング1位、オリコンウィークリーランキング初登場5位と好調なGEM。金澤有希、村上来渚、武田舞彩の3人でお送りしているインタビュー企画第3弾となる今回は、それぞれの〝お国自慢〟と〝ぽんこつキャラ〟をテーマに語り合っていただきました。

We're GEM! もっと深いメンバーのこと、教えます!

GEMがスパガに挑戦状!「iDOL Streetと言えばGEMと言われるように」

お届けするのは左からGEMの村上来渚(むらかみ・らな)、武田舞彩(たけだ・まあや)、金澤有希(かなざわ・ゆうき) 撮影/辰巳ちえ

――GEMの楽曲はアーティスト寄りの「黒GEM」とポップな「白GEM」に分かれているのが特徴的。それになぞらえて、3人で次の問題に白黒つけてもらいたいと思います。まずは、金澤さんが北海道、武田さんが福井県、村上さんが大阪府と、地元がバラバラの3人が揃っているので、地元自慢で白黒つけてください。さて、誰からいきましょう?

金澤 (小声で)北から、北から……。

――では、リーダーからということで。

金澤 いや、村上さんの大阪自慢からいきます(笑)。

まずは大阪出身・村上来渚から!

村上 なんでやねん! しゃーないなぁ……なんやろう。東京に来て思ったのは大阪のほうがフレンドリーな人が多いというか。道に迷った時、初めて会ったおばあちゃんに助けてもらったことがあるんです。「大丈夫? ここらへんよう来るんか?」と声をかけていただいて、私は「あまり来ないんです」と。それがきっかけになって、その場でお友達になったんです。面白いことが好きな人ばかりだから商店街は笑顔に溢れてるし、優しい人が多いから電車の中で席を譲る人もよく見ます。あとは食べ物がおいし……いや、でもそれは負けちゃうかなぁ(笑)。

金澤 食べ物は北海道のほうが自慢できるからね(笑)。海鮮もラーメンもおいしい。

村上 でも、大阪のほうが栄えてるよ(笑)。

金澤 そこは何も言えない(笑)。その分、北海道は空気と水道水がおいしいよ。夜になるとたくさんの星が見えることは普通だと思っていたけど、東京に来て、北海道ならではの光景だったことに気づいたんです。自然に触れ合う機会も多くて、お家の裏には山があって少し歩けば海が見えて。

村上 すごいなぁ。

北海道の大自然に囲まれて育った金澤有希

金澤 小学校の校庭には、当たり前のように熊の足跡があったりするんです。ニュースで熊の目撃情報が流れてもそれほどビックリしない(笑)。さすがに熊と遭遇したことはないけど、冬になると山から鹿がよく降りてくるんです。道路がスケートリンク状になってるので、鹿が滑ってコケてるところを見て。そんな時は「北海道に住んでて良かったな」と思うんです。だって、動物園でこんなシーンは見れないじゃないですか。

――武田さん、福井はどうでしょう?

武田 そうですね。マツコ・デラックスさんの好きな方言が福井弁なんです(日本テレビ系『月曜から夜ふかし』より)。それと、県外から来た人にとったアンケートによると「人が優しい」「空気がキレイ」。あと、なんだっけ……そうだ、鯖江のメガネが全国的に有名なんです。日本の90%以上のメガネフレームが作られていて、木村拓哉さんやハリーポッターのメガネも鯖江のフレームを使ってるんです。

――かなり細かいデータを覚えてますね。

武田 ソースカツ丼とかボルガライス(オムライスの上にカツを乗せた料理)といったご飯もおいしくて。それから、自然が豊か。私の家は山の上にあるんですけど、お風呂から猪やうり坊が見えるんです(笑)。

――いやぁ、郷土愛が深いですね。

武田 あと、商店街は夜になると人が歩いてないので有名です!

福井に対する愛の深さを見せつけた武田舞彩

――そのへんはアピールしなくてよかったかもしれませんね。みなさん熱いので白黒つけるのは難しいですね。読んだ方の判断に委ねましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: GEM  iDOL Street