ライブレポ

後藤彩が卒業を発表!5周年に向けて、SUPER☆GiRLSの新たな一歩

2015年01月12日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1月10日、TDCホールでSUPER☆GiRLSがワンマンライブ「SUPER☆GiRLS LIVE 2015」を行った。その1部の模様をレポート。

3月をもってSUPER☆GiRLSの卒業、そして芸能界の引退を発表した後藤彩。

 SUPER☆GiRLSにとって、2015年の幕開けとなるこのコンサート。ファンの気合も充分だ。今回はメンバー自身がテーマを”SUPER CASTLE”と決め、セットもお城をイメージしたものになっていた。オープニングは、女の子が絵本を開く映像でスタート。その絵本には今回のテーマである”SUPER CASTLE”の文字が。

 まずはストリート生が12色のフラッグを持って登場し、オープニングを華々しく飾る。そこから『花道!!ア~ンビシャス』、超絶ハイテンションな『女子力←パラダイス』、前島亜美のフラッグパフォーマンスが楽しい『絶対自分前進宣言』、昨年加入した内村莉彩の力強い歌声が印象的だった『キラ・ピュア・POWER!』とスパガの中でも、会場のテンションは一気にピークに。

​ 今回は”SUPER CASTLE”というテーマから、メンバーそれぞれがそのお城に住むお姫様という設定。まず「プリンセスの休日」というテーマのアニメーションが流れ、渡邉ひかるが2013年の武道館公演以来となるタップダンスを披露し、会場は大盛り上がり。そこから渡邉ひかる・荒井玲良・田中美麗・後藤彩・渡邉幸愛・浅川梨奈による『Girl’s Party -my friend Jenny-』、志村理佳・宮崎理奈・勝田梨乃・溝手るか・前島亜美・内村莉彩による『純情シンデレラ』、さらに全員での『恋愛マニフェスト』と続いた。

SUPER☆GiRLSのステージは常に元気と幸せに満ちている。

 続いての映像「プリンセスの星夜」から、メンバーは星がちりばめられたようなキラキラとした白いワンピースで登場。『恋愛ルール』、『星屑ラブソング』、『WAKE UP!~オンナノコのチカラ~』『空色のキセキ』をパフォーマンスした。『恋愛ルール』ではイントロが流れた瞬間、大きな歓声があがっていた。

 「旅立ち」というテーマのアニメーションあとには、メンバーは黒の大人っぽい衣装で登場。先ほど久しぶりにパフォーマンスされた『空色のキセキ』について、「最近この曲を久しぶりに聴いて、改めていい曲だなって。電車で聞いていたら泣いてしまって、マスクで顔を隠しました」と、前島が微笑ましいエピソードを披露。

 さらに、メンバーはこのコンサートでやりたいことや曲を話し合い、これまで『約束の花束』や『初恋グラフィティ』などを合唱でパフォーマンスしたように、今回も合唱をやりたいと話した。このライブで歌われたのは、彼女たちの2ndアルバム『EveryBody JUMP!!』に収録されている『笑顔の羽根』。「”12の想いは届く!”」という歌詞もあるように、彼女たちSUPER☆GiRLSを表したような曲になっている。メンバーが目線を交わしながら歌ったピアノ伴奏での『笑顔の羽根』の合唱に続いて、溝手のソロが美しい『約束の花束』をしっとりと聞かせた。

 そこからライブは一気にラストスパートへ。オープニングでも登場したストリート生のフラッグパフォーマンスのあとは『赤い情熱』『Survival』『BELIEVER』と続き、さらに「デビュー当初から大切にしている曲」と紹介された『夢の引力』が歌われた。志村の「会場が揺れるくらいジャンプしてください!」の声に続くのは、『がんばって青春』と『EveryBody JUMP!!』。最後は『MAX!乙女心』で本編が終了。

『赤い情熱』では激しく、クールな彼女たちを見ることが出来た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: SUPER☆GiRLS  iDOL Street