ライブレポ

壮絶なる2万人の熱狂 BABYMETALがSSAで示した次なる道

2015年01月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BABYMETAL LEGEND"2015"~新春キツネ祭り~ ライヴレポート@さいたまスーパーアリーナ 2015.JAN.10


 1月10日、BABYMETALの新年最初のライヴ「LEGEND"2015"~新春キツネ祭り~」がさいたまスーパーアリーナで行われた。"メタルレジスタンス第三章"の幕開けを飾る同ライヴの模様をお届けする。

 


 2013年10月のメタルフェス「LOUDPARK2013」で初めてさいたまスーパーアリーナのステージを踏んだBABYMETALが、わずか1年3ヶ月足らずで単独公演として同地に戻ってきた。約2万人の観衆を集めて行われるこの日のライヴ。物販を求めるファンは始発前から集まり、朝5時には早くも数百人が行列を作る。天気は良いものの気温は低い。しかしファンの熱さはライヴを重ねるにつれ高まっていく。今回は海外向けにチケット販売も行われ、外国人の姿も多い。コスプレを楽しむ若い女性や家族連れも多い。BABYMETALのTシャツを身につけていない、新しいファン層も多いようだ。

 会場内に入ると、座席は上層の階までビッシリ。会場の規模は今後、もっと大きくしていかねばならないかも知れない。ステージに目を向けると、背景にはレンガ積みのゴシックな建物がそびえ立つ。両端には朱塗りの太鼓橋がひとつずつ設置され、それぞれ上手・下手の出島につながっている。

 またフロア中央にも出島がぽつんと存在している。天井を見ると長い朱塗りの橋が吊られている。これが降りてくるとステージからセンターの出島に渡れるようだ。最前中央付近だけではなく、両サイドやフロア中程でも3人の姿をハッキリと見られそうだ。大箱ならではの大仕掛けのステージに期待感は高まっていく。

 JUDAS PRIESTやDRAGONFORCE、METALLICAなどの楽曲が流れる場内は大歓声に包まれ、時折サークルモッシュが現れたり客席でウェーブが起きたりと早くもお祭り騒ぎ。18時13分、BGMがANTHRAXの『Among The Living』からPANTERAの『Cowboys From Hell』にチェンジしたところで客電が消える。

 大歓声の中、スクリーンに映される動画。「メタルで世界を一つにする」という使命を負って世界に旅立ったBABYMETALの"メタルレジスタンス第二章"を振り返る。

BABYMETAL『BABYMETAL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: BABYMETAL 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース