コラム

乃木坂46新選抜への期待 センター返り咲きの西野七瀬が追求した「自分らしさ」と研究生から抜擢された相楽伊織の「ギャップ力」

2015年01月19日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1月18日放送の『乃木坂って、どこ?』で発表された11thシングル選抜メンバー。西野七瀬が2作ぶりにセンターに就き、アンダーライブで活躍した伊藤万理華、齋藤飛鳥が選抜入り、そして、研究生・相楽伊織の抜擢といった変化があった。この変化を中心に、11thシングル体制に期待したいポイントを挙げさせてもらった。

 


 乃木坂46の11thシングル選抜のセンターには西野七瀬が返り咲いた。西野はグループと歩みをともにするように成長し、ファンの支持を集めたことで、8枚目、9枚目のセンターを務めた“ピープルズ・アイドル”。現在でもパフォーマンスにおいては自信のなさを表明することが多いが、ファンから「“らしさ”が好きだよ」と褒めてもらうことが増えたことで、「西野七瀬らしいパフォーマンス」を追求していった。

 10th選抜発表でセンターが交替した時に「笑顔め」で話せたことも、彼女にとっては成長だったようだ。8枚目、9枚目で支えてくれる人のありがたみを知ったことで、「もっと自分が変われるんじゃないか」と思ったのだという。

 昨年8月の全国ツアーのMCでは言葉に詰まりながらも思いの丈を話す場面があったが、ライブ後のメンバー同士による話し合いでも自分の思いを言葉にするようになったそうだ。千秋楽である神宮球場でのライブを受けた取材では、乃木坂全体の実力不足を反省し、団結力の強化を訴えていた。西野は変わりはじめていた。

 12月13、14日のクリスマスライブ(有明コロシアム)では表現力の高さを見せつける。ゴンドラに乗る時や、降りる時にも遠くの客席まで届くような目線と表情に、『夏のFree&Easy』では意外なほどアグレッシブな曲振りと、観ている側は西野の進化に驚かされてばかりだった。現在の乃木坂46の方向性をもっとも体現しているのは彼女なのかもしれない。

 今回の選抜発表ではプレッシャーのあまり目を潤ませていたが、最後には笑顔を見せて「ファンの皆さんとスタッフさんとメンバーのみんなから信頼してもらえるようにがんばります」と語ってくれた。自覚と矜持を持った西野七瀬が、その強い求心力で乃木坂46を次のステージに連れていってくれることを期待したい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース