ライブレポ

Negicco「Perfumeが待つNHKホール」へ!

2015年01月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEGI FES 2015ライブレポート
 
 1月24日、東京・恵比寿リキッドルームにて『NEGI FES 2015 at LIQUIDROOM』が開催された。当公演はNegiccoのセカンドフルアルバム『Rice&Snow』リリース記念イベントで、アルバムに参加したアーティストと共演するパーティーである。主催するNegiccoの他、Orland、スカート、Shiggy Jr.が出演した。

3人でリキッドルーム2DAYSを達成したNegicco

 トップバッターであるOrlandのステージではゲストボーカルである仮谷せいらもネギライトを振り回しながら現われ、リリースを祝福。Negiccoと定番曲『相思相愛』、そしてOrlandが編曲を手がけた『パジャマ・パーティー・ナイト』をコラボレーションし、ミラーボールが光り輝く会場を盛り上げた。
 
 続いて澤部渡によるソロプロジェクト、スカートが登場。「Negiccoには一方的に縁があって」と、澤部は今作に参加する前から7インチアナログや『Melody Palette』を購入していたことを告白。『シリウス』など6曲を歌い切った後、コラボパートではKaedeが今作で1番好きな曲だという『裸足のRainbow』を披露した。
 
 Shiggy Jr.はボーカル・池田智子が「(Negiccoに)楽屋で会っても目を合わせることさえ出来ない男子が1人います!」と、ベースの森夏彦が”ガチ”のNegiccoファンだということを紹介。その後、「今日だけは俺にMCをさせてくれ!」とメンバーに掛け合ったという森の演説へ。CDショップでのリリースイベントに参加した際のエピソードなど、Negiccoとファンへの感謝の気持ちを深々と述べた。
 
 Meguが2014年一番聴いたというShiggy Jr.の代表曲『LISTEN TO THE MUSIC』で会場を多いに盛り上げた後、Negiccoの3人が現れ、『1000%の片思い』をセッション。「好きな人いるの?///」という台詞パートでKaedeから目配せをされると緊張と動揺のあまり目を逸らしてしまう森の姿に会場からも笑いがこぼれる。

MCも引っ張るムードメーカーのMegu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco