インタビュー

竹中夏海先生×日笠麗奈 女子ヲタが語る2014年、アイドル界に女子ヲタが増えたワケ

2015年01月30日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2014年に女子アイドル好きという共通点で何となく集まった仲間、なでksジャパン。モデル、振付師などが夜ごと集い、好きなアイドルについて語り合うこの集団から、『月刊エンタメ』12月号では、振付師の竹中夏海先生とモデルの日笠麗奈さんに登場していただき、2014年のアイドル界を振り返る対談を開催していただいた。

 ところが、2人のトークの熱さは編集部の思惑を遥かに超え、予定の取材時間を大幅にオーバー。『月刊エンタメ』本誌では誌面の都合でそのほとんどが掲載できなかった。そこでエンタメnextでは、内容量300%増し、ほぼ未公開の特別ver.をお届け! 女性ならではの目線に、目から鱗がドボドボ落ちること間違いなし!

なでksジャパンとは……2014年に何となく集まった女子アイドル好き仲間。現在のメンバーは二宮なゆみ(モデル)、竹中夏海(振付師)、小口桃子(モデル)、日笠麗奈(モデル)、渡賀レイチェル(ミスID2015)の5人。主な活動はアイドルのライブを観に行く。

――2014年に女アイドルヲタ5人で結成されたなでksジャパンですが、どんな活動をしているんですか。

竹中 そんな大層な活動はしてなくて、ただの仲良しグループなんです。共通してアイドルが好きなので、友達同士でもメンバーカラー決めてみるか、とノリでちょっと遊び始めました。

――やはりメンバーが集まるとアイドル話が中心なんですか。

日笠 そうでもないですね(笑)。

竹中 次は誰のライブに行くって話では盛り上がるんですけど、ライブ後に感想戦はほぼしないですね。

――そこは男性ヲタと違いますね。

竹中 ライブ後にゴハンは行くんですけど、あくまでゴハンがメインです。

日笠 食事をする場所に移動するまでにアイドル話は終わるかなぁ。

竹中 アイドルを愛でる感じなので、好きな子に関しては全肯定なんです。アイドル本人にモノ申すこともないし、接触も行かないので、仕切りや運営にイライラすることもないんです。

――アイドルの発言から裏を読んだりはしないんですか。男性ヲタはけっこうしていると思うんですよね。

竹中 同性だし、近い道は通ってきたから、裏を読まなくても分かる、ところはあるかもしれないですね。

日笠 女性ファン同士だとそれを討論するまでもないんじゃないですかね。同じ女の子なら分かるよね、みたいな。もちろん正解かは分からないですけど、何となくは予想が付きますよね。

竹中 逆にグッズに関して執着は男性より強くて、あそこのグッズは可愛いって話はしますね。

――実際に購入したアイドルグッズは?

日笠 リリスク(lyrical school)、Negicco。

竹中 クルミ(クロニクル)ちゃんも可愛い。リリスクのTシャツは何枚?

日笠 私は3枚ぐらい。

竹中 同じぐらいだ。あとトートも買いました。Negiccoはスウェットとスマホケースも持ってます。

日笠 私はクルミちゃんのスウェットは予約中です。Tシャツは全種類あるかもしれません(笑)。

――実際ライブに着ていくんですか。

二人 もちろん!

日笠 ライブのない日も着ています。

竹中 普段から着られるもの、持ち歩けるものが購入する基準ですね。

――なでksジャパン結成元年となる2014年のアイドル業界を振り返っていきたいんですが、AKB48の大島優子、モーニング娘。'14の道重さゆみ、アイドリング!!!の菊地亜美、私立恵比寿中学の瑞季、SUPER☆GiRLSの八坂沙織など、人気グループから中心的メンバーの卒業が相次ぎました。

日笠 私は、さゆ(道重さゆみ)の卒業が全てです!

竹中 さゆの卒業はモーニング娘。'14と言うより、アイドル界全体の出来事ですよね。後世まで語り継がれることだろうから、11月26日に横浜アリーナで開催された卒業コンサートは絶対に見ておかなきゃって気持ちでした。

――途中で道重さんが足を痛めるアクシデントもありました。

日笠 私は会場に行けなくてスカパーで観ていたんですけど、『ララピピ(ラララのピピピ)』が始まった瞬間にアップで顔が抜かれて「痛!」って表情を浮かべていたんですよ。よりによって『ララピピ』で、この表情か……って。ドラマティック過ぎますよね。ライブが終わった後も早く検証をしなきゃと思って、速攻で最初から観返しました。

竹中 正直、コンサートの演出自体は、個人的にはこうしてもよかったんじゃないかって思う部分もあったんです。例えばセトリ。スカパーで中継して、全国でライブビューイングもやって、いつもよりコンサートを観る人の数が多かった訳じゃないですか。だから、もっとベタにショーケースでいいんじゃないのかなとも思ったんです。

日笠 ベストメドレーを期待していたところもありましたよね。

竹中 ただ、さゆの一挙手一投足が良かったし、スピーチもさすがでした。その素晴らしさは演出を超えていたので、全体としては歴史に残る素晴らしい卒業公演でした。


次ページ/夏のリリスク、冬のNegicco
  • 1302_ext_08_0.jpg
  • 1302_ext_08_1.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco  日笠麗奈