ライブレポ

太鼓で心をひとつに! さくら学院公開授業1限目レポート

2015年02月03日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「倭-YAMATOの太鼓塾」の授業レポ@TFTホール500 2015.JAN.31

 さくら学院の2015年最初の公開授業が、1月31日に東京・有明のTFTホール500で行われた。今回の講師は、和太鼓グループの倭-YAMATO先生。大小様々な和太鼓を用いた迫力満点のパフォーマンスに、さくら学院のか弱き(?)乙女たちがどう挑んだのか?

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 本日の授業は、倭-YAMATO先生による「倭-YAMATOの太鼓塾」の授業。倭-YAMATOは、1993年に奈良県明日香村で結成された和太鼓グループで、これまでに世界53カ国で3千公演以上のパフォーマンスを行い、600万人を動員。現在は1年の半分以上を海外公演に費やしている。全身を使った迫力あるパフォーマンスは、英メディアに「肉体の音楽」と讃えられるほどだ。

 ステージ上には大小様々な和太鼓が所狭しと並べられ、いつもの公開授業のように、生徒たちが座るイスはない。今日はひと味違った授業になりそうだと期待も高まる。

 14時半から始まった1時限目、担任の森ハヤシ先生は登場するなり自己紹介で早くも噛みまくりながら、まずは先週から始まったテレビ朝日の動画配信番組「LoGiRL」に触れ、「毎回何話そうか心配しながらやってるけど、生徒たちはすっかり生放送が楽しいみたいな雰囲気出してます」と笑わせた。

 1時限目のメンバーは、テンション高めで楽屋でも踊り狂っているというこってり系、菊地最愛、磯野莉音、大賀咲希、山出愛子、岡田愛の5人。菊地は「音楽ゲームの『太鼓の達人』が昔から好きだけど、この前、田口華と対戦したら負けちゃったので、今日は自信を取り戻したい」と意気込む。

 磯野は「アイアム?」「莉音~!」のコール&レスポンスで元気に登場。森先生が出演したTV番組の「オモクリ監督」で、森先生が全然しゃべってないことを指摘して笑わせ、「今日は森先生も一緒に成長したいです」と締め、拍手を浴びた。

大賀は「ドンドン!」と太鼓を叩くポーズをしながらテンション高めに登場。「毎年初詣に行くと大きな太鼓を叩いて厄落としをしてるので、今日は会場にいる皆さん全員の厄を落としたいと思います。そういう授業じゃないかも知れないけど、そういうつもりで頑張ります」と宣言して盛り上げた。

 山出は「毎年学校で太鼓を叩いてるので自信があるので気合い入れたい」と気合いの表情。岡田は「(倭-YAMATO先生の拠点である)明日香村には3回行ったことある!」と得意顔。森先生に「そういうことは倭-YAMATO-先生に言ってあげて」とあしらわれた。


次ページ、先生がさくら学院にメロメロ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース