コラム

“笑顔”だけでは見えなかった高みを目指す!アンジュルムの逆襲が始まる

2015年02月05日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2月4日、3期メンバー加入後最初の、そしてスマイレージがアンジュルムと改名して初めてのシングル『大器晩成/乙女の逆襲』が発売となった。

アンジュルム『大器晩成/乙女の逆襲』

 年始のハロー!プロジェクトのコンサートで『大器晩成』を聞いたとき、どうしようもなく楽しくて、叫びたくなるほど嬉しかった。曲はもちろん、弾けるような9人のパフォーマンスに興奮が抑えられなかった。アンジュルムの幕開けにぴったりな楽曲なのだ。

 これまでスマイレージにはさまざま紆余曲折があり、彼女たちはいつも何かと戦っているかのように歌い踊り続けていた。それは見ている人に魅力を分かってほしいという気持ちもあっただろうが、現状を打ち破りたいという悲しみや怒りもあるように感じた。

 結成当初の4人でのスマイレージの印象は長く付いて回ったし、自分たちより後にデビューした後輩たちがもてはやされることも多かった。田村芽実が言った(正確には書いた)「スマイレージはいつもこうだ」のような、いくら頑張ってもなかなか見てもらえない“どん底の時期”があったのだ。

 それらをすべてぶっ飛ばす力を持っているのが『大器晩成』という曲だと思う。改名と増員が発表されたときにはさまざまな意見があった。でもこの曲を聞いて、見てしまったら、もう黙るしかない。アンジュルムの9人は、ただただ希望に満ち溢れている。やっと、彼女たちの番が巡ってきたのだ。

 今回注目されているのが3期メンバー。特に佐々木莉佳子は、ハロプロ研修生の頃から手足が飛んでいってしまうんじゃないかと心配になるくらいの激しいダンスと、華やかさが注目されていたが、その雰囲気は今回の『大器晩成』にぴったりだ。空まで届きそうなくらいの彼女のジャンプには、見ているこちらも一緒に飛び跳ねたくなってしまう。彼女はどこまでも飛んでいける無邪気さで、グループを強く引っ張ってくれるだろう。


次ページは、『乙女の逆襲』で光る田村芽実のパフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: アンジュルム