連載/特集

NEO fromアイドリング!!!のサウンドは90年代のワクワクが詰まってる! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年02月20日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 西新宿在住のスーパーギタリスト”マーティ・フリードマン”が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ-POPが大好きという彼が、お気に入りのアイドルソングをレコメンド!! 今回はアイドリング!!!の妹分・NEO fromアイドリング!!!を聴いて、思わず昔を思い出しました。

NEO fromアイドリング!!!『キミといたナツ』

#29_NEO fromアイドリング!!!『キミといたナツ』


 今回聴いたアイドルソングの中で、一番のツボにはまったのは、コレ。

 アイドリング!!!の新メンバー+旧メンバー2名による派生ユニット、NEO fromアイドリング!!!の『キミといたナツ』です。

 この曲、アレンジやテンポは最近のアイドルソングっぽいんですけど、歌メロがどこか懐かしい。90年代中期のJ-POPっぽい印象がある。特にサビなんかは、ZONE『secret base~君がくれたもの~』あたりを思い出させるね。こういうメロディを聴いていると、J-POPを聴き始めた頃を思い出すなぁ。

 あれは、ちょうど90年代の後半くらいかな? ボクは当時、メガデスというへヴィメタルバンドに在籍していたんだ。メガデスは結構、売れていたんだけど、バンド内にいろいろな問題を抱えていたんですよ。

 そんな頃、J-POPに出会った。モーニング娘。や三人祭、ZARDをツアーの移動中のバスの中や、シャワーを浴びながら大音量で聴いていたからね。メンバーたちからは超キモがられたけど(笑)、完全にJ-POPの虜だった……。そんな時代のことをふと思い出してしまうよ。

 ちなみにこの『キミといたナツ』って曲、誰が作ったの? えっ、伊秩弘将さん⁉ 90年代にSPEEDのプロデュースを手掛けていた人じゃないですか! そうか、だからボクの琴線に触れたのかもね。90年代中期のJ-POPは、ボクにとって宝物みたいなものだからね。


(構成・文/尾谷幸憲)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース