書籍/DVD

木﨑ゆりあがおバカ卒業宣言! 1st写真集「ぴーす」お渡し会イベント開催

2015年02月12日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48の木﨑ゆりあが11日、自身の誕生日に発売された1st写真集『ぴーす』(徳間書店刊)の発売記念サイン本お渡し会イベントを福家書店新宿サブナード店で開催した。

19歳になって「ラストティーンだから、大事さを噛みしめています。大人な女性になって、後輩に慕われるような先輩になりたいって思いました」と語る

 この写真集は、エンタメNEXTに特設されたサイトに、ファンから寄せられた「木﨑ゆりあに言ってほしい言葉」からセレクトされた60の「言葉」を元にグアムで撮影された”ファン参加型”企画。

 今回の企画について木﨑は「リクエストをいただいて、自分が求められているのはこういうことなのかと分かりました」と楽しんでいた様子。また、木﨑ファンを公言するブラックマヨネーズ・小杉竜一からのリクエストについては、「頭を洗ってあげる。みたいな内容だったんですけど、どういう気持ちで受け取ればいいんだろうって不思議な気分でした」とはにかんだ。

本人による動画ポスターの再生デモンストレーション

 また、この写真集の目玉となるのが、スマートフォンで読み込むと、朝、昼、晩で映像が切り替わる動画ポスター付録。デモンストレーションで、木﨑本人が動画を再生してみせると、思わず照れ笑いして「おうちで1人で見てもらえたらと思います」とコメント。

 そして、写真集の内容については、「見どころは全部のページ。いい写真ばかりをセレクトしていただいて、幸せな気分なんですけど、18歳という子供でもない、大人でもない中途半端な木﨑ゆりあが詰まっています」と話した。

AKB48Gグループの写真集はすべて自腹購入で持っていると写真集への想いを話した木﨑だが、秋元康氏の「755」で自分の写真集発売を知り、「唐突すぎてビックリしたけど、大好きな本屋さんに並ぶというのは幸せな気持ちでいっぱいです」

 メンバーからの評判を聞かれると「全員一致で、このページがいいって。それが嬉しかったです」と、そのページを開いて見せてくれた。

「おでこを出してて、サングラスにはYURIAってデコで書いてあるんです。このショットがいいって言ってくれて」

 記者陣から「言葉」について、字が間違っていると指摘を受けると、「違うんです。ファンの方のリクエストが、昔、間違えた漢字をそのまま載せてほしいっていうことだったので。今は書けます! おバカキャラは卒業です!」と、宣言。

「(実家は)家中に水着ポスターが貼ってある」とのこと

 表紙を含め、大胆ショットにも挑戦しているが、「表紙では、着てない感じですけど(笑)、私は抵抗ないんです。けど、ファンの方たちだったり、メンバーには”脱いだね”って言われるのが恥ずかしいです」と告白。

 また、両親の反応については「もう見たみたいです。親バカなので15冊は買うって言ってました。幸せものです」と笑顔。

ファン一人ひとりと、笑顔の絶えない充実した時間を過ごした

 会見の後、ファンとのお渡し会を楽しんだ木﨑は、地元・名古屋での凱旋イベントに向けて会場を後にした。

ファンの有志から贈られたスタンド花の前で記念撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48  SKE48  木﨑ゆりあ