ライブレポ

小6のおませっぷりにメンバーも父兄もタジタジ!? 2/15さくら学院ライブ2部レポート

2015年02月17日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院『The Road to Graduation 2014 ~Happy Valentine ~』2部ライヴレポ@LIQUIDROOM 2015.FEB.15


 続いて18時半から行われた2部。入場を待つスペースは立錐の余地もないほど人があふれ、入場にだいぶ手間取ったが、何とか定刻通りにスタート。開演するとまずは生徒会長の菊地最愛ひとりだけがステージに現れどよめきが起きるが、『My Graduation Toss』のイントロが始まり、残りの生徒たちがステージに集まると大歓声がわき起こる。いきなり1曲目に卒業ソングを配置してくるのが心憎い。

さくら学院『The Road to Graduation 2014 ~Happy Valentine ~』1部ライヴレポ

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 続いて『チャイム』『Hello ! IVY』と1部では披露していない初期の曲の連続でフロアをヒートアップさせる。

 MCではニューアルバムのDVDに入る特典映像についての話を披露。今年も年度末試験があるということで、疑心暗鬼に陥った生徒たちは、テレビ朝日のネット配信番組「LoGiRL」のレギュラー番組決定もドッキリではと疑っていたと話し、場内を爆笑させた。

 続いての曲は、さくら学院らしい可愛らしさ満載の『Hana*Hana』。菊地最愛と大賀咲希によるキュートな掛け合いも、もう聞けなくなるのかと思うと寂しくなる。1部でも披露した『オトメゴコロ。』も完成度が高い。メンバー皆が歌唱力が高く、誰がソロを取っても安心して聴けるのがさくら学院の大きな魅力だ。そして大塚愛の『さくらんぼ』のカバー。2人一組で腕をさくらんぼの小枝に、アタマを実に見立てたポーズが実に愛くるしい。

 MCでは、バレンタインということでトーク委員長の野津が、山出愛子にバレンタインのエピソードを話すよう指名。山出は小2の頃好きだった小6の先輩に顔を覚えてもらうため、顔写真入りのチロルチョコを作ったが、恥ずかしくなって母親に渡してもらった話を披露。するとすかさず岡田愛が手を挙げ、幼稚園の頃に好きだった男の子に告白しようと、バレンタインにチョコを渡すことにしたが、結局、恥ずかしくなって、男の子の耳元でそっと「好き」と囁いたエピソードを披露。

 小6コンビの甘いエピソードにフロアの父兄たちは苦悶の表情を浮かべていたのが何とも言えなかった(笑)。2人の女子力の高さに、メンバーたちもきゃーきゃー大喜び。「お母さん♪」と甘える岡田に白井沙樹がドン引きしていたのが印象的だ(笑)。


次ページは、水野の無茶ぶりに中3が大騒ぎ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース